アングルファインダーが不要になるか?

抗がん剤の副作用による免疫力低下に加えてインフルエンザ流行、スギ花粉飛散・・・と、いろいろあって余程の事がない限り外出を控えている。
【小人閑居して不善を為す。至らざるところなし】
『徳のない者は暇になると碌な事をしないが、一方何もしないのも不善である』と言う事らしいので、何かをしなきゃと思って考えたのが撮影機材の充実。

野草の花を撮影する場合被写体が地面近くにある事が多くしばしばアングルファインダーを使っているが、撮影姿勢が苦しいので手持ちのiPadを使ってファインダーを覗かずに撮影が出来ないかを調べていた。
その結果、カメラからiPadへカメラデータを無線で飛ばせるcamrangerいう機器を発見、機能も豊富で使い易そうだ。
あとワンクリックで注文確定のところまで進んだが、海外からの個人輸入になることから問題が発生した時に外国語で電話して交渉する程の語学力はないので断念。
他にもありそうだがどれも海外調達なので、最終的には国内で調達できるシステムを採用する事にした。

ディスプレイはGoogle開発によるOS(andoroid)を採用したタブレットPC(Nexus7)とし、カメラコントロールにはDSLR contoroller(β版)を使うシステムに決定。
画面が大きいので風景撮影でもピント合わせに威力を発揮しそうだ。

ディスプレイは手持ちでもいいが、カメラのストロボ用シューに自由雲台を介して組みつければアングルファインダーの代わりにもなる。
純正アングルファインダーは2万数千円もするが、今回のシステムに要した費用はアクセサリを含めて一式で2万円余り。
アングルファインダー代わりとして使うだけでもコストパフォーマンスは十分なのに、当然ながら普段は単独のタブレットPC本来の使い方もできる。

将来、画面サイズより携帯性を重視する時はタブレットPCをスマホに変えればよい。

システムを組んでテスト撮影をした結果、今までカメラ側で調整していた項目の殆ど全てがディスプレイ上からも変更可能であり、どちらで変更してもすぐにお互いが同期され、当然ながらシャッター操作もカメラ側-ディスプレイ側どちらでも可能だ。
アングルファインダーの拡大表示は2.5倍だが、このシステムなら5倍10倍と拡大表示できるのでピント確認が思った以上に楽だ。

今後カメラとディスプレイの取付位置関係やケーブル長さなど若干修正する必要が有りそうだが使い勝手は上々である。

正面
P3070003.jpg

背面
P3070005.jpg

アングルファインダー代わりとして
P3070004.jpg


2013/03/07 | 18:22
撮影機材コメント:2
コメント
流石、メカに強いwoodsさん!
いろいろなことを考えられますね!

当方はiPadどころか、スマホも持っていません。
到底、使いこなせそうにないからです。

私は従来のアングル・ファインダー組かな??
2013-03-07 木  21:25:40 |  URL | papurika #YBX8sle. [編集]
スマホ持ちの方なら常時携帯しているでしょうからケーブルだけ持参すれば済むので便利だと思いますよ。
ケーブルレリーズと同等の事が出来ますから手ブレ予防の面から見ても効果あるし。
残念ながら僕もスマホは持っていません。
実はスマホも考えたのですが、スマホには単体売りがなく必ず月々の接続料金の契約がセットなので止めました。
何れの日にか現在の携帯を止めスマホに変更するかもしれませんが、その時にはそちらに移行するかも。
2013-03-07 木  22:24:42 |  URL | woods #Ufi/25FY [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Copyright © つれづれの記 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?