ナガミヒナゲシ

こどもの頃は全く見かけなかったナガミヒナゲシだが、最近は何処へ行っても目に付くようになった。
この花は地中海地方原産と言うことだが、日本の気候が合ったのだろう。
花弁は4枚だが、花芯は生育条件によって大きく変化するらしい。

ナガミヒナゲシ

ナガミヒナゲシ

ナガミヒナゲシ

ナガミヒナゲシ

ナガミヒナゲシ

ナガミヒナゲシ


2010/05/13 | 07:06
植物コメント:6
コメント
ここ数年、この花をよく道路際などで
見かけるようになりました。
ラストから2枚目の写真がとても
気に入りました。
2010-05-13 木  21:47:13 |  URL | papurika #QYaycosc [編集]
ナガミヒナゲシ、ここ数年で爆発的に増えまたように感じます。
今では咲いていない所を探す方が難しいくらいです。
下の3枚はいずれも歩道沿いの植え込みで撮ったもので、最後から2枚目はクチナシの植え込みに割り込んで咲いていました。
花卉として栽培されたこともあるらしく野草と言うには勿体ない気もします。
2010-05-14 金  18:46:47 |  URL | woods #Ufi/25FY [編集]
先日公園で似たような花を見かけました。
ひなげしの花~♪だったのかも・・・

バラが次々咲いてきれいですね。
2010-05-15 土  07:56:58 |  URL | LEE #KSAC0w3M [編集]
ナガミヒナゲシは野草化して道端で咲いているので、公園に植えられていたのはカリフォルニア・ポピー(別名ハナビシソウ)ではないでしょうか。
ナガミヒナゲシに似て花は通常のポピーより一回り小さく花色も似ています。
もっとも何れの花もケシの仲間ではありますが。

バラの季節になりましたね。
狭い庭ですが次々に咲くバラで華やかになってきました。
2010-05-15 土  08:18:09 |  URL | woods #Ufi/25FY [編集]
この植物については一石二鳥以上の悪用説があり、底知れぬ恐ろしさを感じます。どうか、減らして欲しいのです。
2012-02-22 水  07:11:33 |  URL | 風のタヨリン #- [編集]
『一石二鳥以上の悪用説があり・・・』とはどう言う事なのかよく知りませんが、繁殖力が半端じゃないので他の植物が駆逐されかねないですね。
ウィキペディアによれば、『ひとつの芥子坊主から1000~2000の種子(ケシ粒)をばら撒いてしまう・・・中略・・・園芸花として楽しむには花が終わり次第摘み取る(摘花)等の種子拡散を防ぐ注意が必要である。』とありますが、道端で次々に咲く花との追いかけっこは難しいでしょうね。
2012-02-22 水  10:02:10 |  URL | woods #Ufi/25FY [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Copyright © つれづれの記 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?