イチビ

国指定史跡「上総国分寺僧寺跡」に生えるイチビ、下草刈りですっかり刈り取られたがその跡にまた生えてきた。
普通なら1m近くなる草丈もまだ精々30cmそこそこだが花は一人前のサイズだ。
イチビは種の形も面白いのだが新しく生えた株にはまだ種は無い。

イチビ

イチビ

イチビ


2009/10/21 | 13:00
植物コメント:8
コメント
イチビという花、とても愛らしいですね。
私は未だ、肉眼で見たことがありません。
どこかで出会えないかしらん???
2009-10-21 水  16:58:45 |  URL | papurika #YBX8sle. [編集]
下草刈りをするまでは1m近くまで延びていたのですが、今はちょろちょろっと生えているだけです。

帰化植物写真図鑑の説明を要約すれば、インド原産の一年草で茎の皮から繊維を採るために古くから栽培されておりそれが逸出して野草化したらしいですが、最近は輸入飼料に混入して資料畑や畑地に繁殖し強害な雑草になっているらしいです。

北海道から九州まで広く分布しているようです。
2009-10-21 水  21:01:53 |  URL | woods #Ufi/25FY [編集]
イチビってネーミングも面白いですね。
黄色い花とバックの薄緑が優しい雰囲気で素敵ですね。
2009-10-21 水  23:55:19 |  URL | LEE #KSAC0w3M [編集]
野草なんね、初めて見ました。
ちょっと見た感じはキュウリやゴーヤの花のようで可愛いですね。
よく探せばこちらの畑などにもあるのかしら。。。。

↓ツリフネソウ、うかうかしていると、あっという間に大きな種ができてしまいますね。
でもしっとりしていて綺麗です。
2009-10-22 木  09:43:14 |  URL | mio #n2Cf7PAc [編集]
名前の由来は、皮をはいだ芯を火縄に使ったことから「打ち火」と言われていたのが訛って「イチビ」になったと言うのが有力なようです。
ちょっと調べたところ、繁殖力が非常に強く一旦蔓延ると防除が難しいので北アメリカでは畑の難防除雑草として問題になっているようですね。
花はアオイやハイビスカスと同じアオイ科ですからそれなりに可愛いのですがねぇ。
2009-10-22 木  09:44:08 |  URL | woods #Ufi/25FY [編集]
イチビは平安時代から栽培されていたようでそれが野草化第一期となったようです。
写真撮ったのは史跡上総国分寺跡ですから平安時代から脈々と生え続けてきたのでしょう。
一旦落ちた種は10年経っても20年経っても発芽するらしいですから防除が難しい野草らしいです。

最近増えてきたのは野草化第二期とでもいいましょうか飼料に混入してきたものが繁殖したもので、牛乳に異臭が付くとか農作物の収量が減少するなどの被害が増えつつあるそうです。
2009-10-22 木  09:53:03 |  URL | woods #Ufi/25FY [編集]
たまたま、今日行ったコスモス畑(3年位前までは牧草地)で見付けました。
よく見れば以前借りていた菜園にも生えていたような気がします。
可愛い花だけど畑には邪魔な花なんですね。
コスモスは終わりかけで種ばかりが目立ちました(;_;)
2009-10-22 木  16:42:08 |  URL | mio #n2Cf7PAc [編集]
mioさんも見つけましたか。
イチビは繁殖力が強いうえに一旦根付くとどんどん増えてくるんでしょうね。
臭いもあるって言うからドクダミを連想してしまいました。
2009-10-22 木  18:34:22 |  URL | woods #Ufi/25FY [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Copyright © つれづれの記 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?