ピラカンサ

毎年 年も押し詰まるとピラカンサの赤い実が気になってくる。
色鮮やかなのに何故か小鳥に食べられずに残っている。
美味しくないのかな。

Pyracantha

Pyracantha

Pyracantha


2017/12/09 | 18:38
コメント:8
コメント
ピラカンサは仰る通り、野鳥がとても好きな
実ですね。

私もずっと以前、珍しい野鳥とピラカンサの
ツーショットをよく撮った時期があります。

ところで、トップページのブルーベリーの
葉のお写真、とてもステキですね!

ブルーベリーの葉の色はこのように変化するのですね?
初めて拝見しました。
やはりブルーベリーは魅力的な樹ですね!(^^)
2017-12-09 土  22:22:23 |  URL | papurika #YBX8sle. [編集]
ピラカンサの実には毒が有るそうです。
だから沢山なっているのに小鳥が見向きもしないとか。
でもこの毒は日が経つと段々と薄まるので来年の2月にでもなれば小鳥が集まってくるでしょう。
papurikaさんが小鳥とのツーショットを撮ったのも梅が咲く頃になってからではないですか。
とは言っても食べてみたいとは露ほども思わないですが。
2017-12-10 日  08:25:44 |  URL | woods #Ufi/25FY [編集]
おはようございます、woodsさん。

えっ?
ピラカンサの実には毒があるのですか!?
それは初耳です!

私は随分前に、都内の葛西臨海公園で
ピラカンサと確かヒタキ類とのツーショットを
撮った覚えがあるのですが…周囲の方がピラカンサだと
盛んに仰っておられましたので、私もてっきり、
ピラカンサは野鳥が大好きな実なんだと
思っておりました。
今、とても不思議な気持ちです(・・?
では、あれの赤い実はピラカンサでは
なかったということなのでしょうかね???

時期はハッキリとは覚えていませんが、
多分、冬だったかとは思うのですが…
もう、遠い昔のことで記憶が定かでは
ありませんが…今日、後から当時のメンバーに
伺ってみますね。

私もきつねにつままれたような気持で、
何だか釈然としません(・・?
2017-12-10 日  09:46:30 |  URL | papurika #YBX8sle. [編集]
先のコメントに書いたようにピラカンサの毒は時が経つと次第に抜けてくるそうです。
柿でも渋くてどうにもならないようなのが時を経て甘くなる品種もあるようなのでそれと同じではないでしょうか。
聞いた情報によると、ある程度毒が抜けても一度に沢山食べると毒が効きますが少しずつ食べれば大丈夫だと。
これは何度にもわたって食べさせることによりあちこちに種を広げる効果を狙っているのではないかと。
これも聞いた情報です。

実際に食べてみた方もいるようです。↓
http://bokupapa.cocolog-nifty.com/blog/2006/12/02/index.html
https://ameblo.jp/miwo-1231/entry-12086671900.html
2017-12-10 日  14:08:55 |  URL | woods #Ufi/25FY [編集]
ただいま、woodsさん。

先程、外出先から帰宅しまして、すぐに
野鳥の大先輩方にピラカンサと野鳥の件に
ついてお話を伺ってみました。

最低でもベテランの方々3名の証言は取らないと
御一人だけではその方の勘違いもあるかと思いましたので、
伺ってみました所、皆さん、やはり、ピラカンサスを野鳥は
食べますよ、写真も何度も撮りましたよ、と仰って、
特に好きなのはヒヨドリらしいですが、
尉鶲やメジロ、又、他の野鳥類もついばむそうです。

但し、果たしてその時期がいつ頃かと聞かれると、
そこまでは意識して撮っていないというお話でした。

更に私自身もPCで、いろいろ検索してみました所、
私の知っている方のブログではありませんが、
以下のピラカンサと野鳥の関係性について
写真入りの文面にヒット致しましたので、
一応、こちらに貼らせて戴きますね。
https://blogs.yahoo.co.jp/fkbyh882/61987948.html

何で、私がピラカンサとヒタキ類のツーショットの写真を
よく覚えているかと申しますと、私は鳥撮りではありませんが、
一度でも野鳥を撮った者なら、赤い木の実とそれをついばむ
美しい野鳥のツーショットというのは、野鳥写真として
とても評価が高いからなのです。
私もド素人ながらもそういう写真が撮れたのがとても
嬉しくて、印象に残っていました。

その当時はまだ、外付けハードに写真を保存するという技も
知りませんでしたので、当時の写真が消えてしまったことが
とても残念です。

woodsさんの↑のレスを拝見して私も誤った情報を
お伝えした訳ではないと分かって戴けてとても
ホッと致しました。

でも、こういう遣り取りも、とても勉強になりますので、
私の書き込みでもし、疑問に感じられることがありましたら、
今後共、いつでもご指摘くださいね(^^)

その方が私自身も又、しっかりした知識を自分の
植え付けることが出来て、嬉しいですので(^^)

2017-12-10 日  15:40:17 |  URL | papurika #YBX8sle. [編集]
ピラカンサの毒性は確かなようですので決して食べてみたりしないように(笑)

特徴①:有毒(アミグダリン:青酸配糖体)
果実の美しさと手入れがほとんど必要が無いという簡便性から広く普及しましたが、果実、種子、葉などが有毒で、誤って食した場合は下記の症状が出ます。
嘔吐、呼吸促進、口腔内の痒み・灼熱感、ふらつき歩行、痙攣、麻痺、死亡

一寸調べるとピラカンサの毒に関して他にも沢山の記事があります。
しかし時との経過とともに毒性が抜けてきて他の餌が少なくなってくる頃には鳥たちも食べるようになるようです。
http://infoseek_rip.g.ribbon.to/kitola.hp.infoseek.co.jp/dokusou/pracansa.html
http://akaitori.tobiiro.jp/renjyku.html
2017-12-10 日  19:10:31 |  URL | woods #Ufi/25FY [編集]
ピラカンサの毒性がそんなに強いものだとは
思ってもみませんでしたが、ただ、疑問なのは、
私が検索したブログの方の日付は12月24日に
なっていますよね?

そうしてやはり、尉鶲もアカハラ、シメも冬の
渡り鳥ですので、時期としてはその方の
ブログも又、一方で信憑性があるような気も
するのですが…私の撮ったのも確かヒタキ類だったかと
思いますので、何だか不思議な話ですが、
決してwoodsさんのお話を疑っている訳ではなく、
私の撮った写真と野鳥ブログの方の写真は
何故、ピラカンサを食べたのか???という
疑問は正直、残ります。

まぁ、こういう議論は結論が出ませんね。
又、何か分かりましたら、ご連絡致しますね。

いろいろ調べて教えて下さってどうも
ありがとうございます(^^)
ピラカンサの実だけは美味しそうでも
食べない様に致します(^_-)-☆
2017-12-10 日  19:48:34 |  URL | papurika #YBX8sle. [編集]
僕も食べて見た訳ではないので苦いのか甘いのか知りませんが、ハッキリ言えるのは今回撮ったピラカンサの実は今の所小鳥に食べられた形跡が全くないこと、そして付近に小鳥の姿も見えなかった事です。
また
ネットで見た情報でも自宅の庭の木は食べられていないのに他の所では小鳥が食べていたとか。
木によって或いは場所によって毒が抜ける時期が違うのでしょうね。

何れにしても赤くなった初期には毒性が強いのだと思います。
2017-12-10 日  22:25:35 |  URL | woods #Ufi/25FY [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Copyright © つれづれの記 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?