泉自然公園 その2

昨日に続いて、泉自然公園の野草を紹介する。
但し、「クマガイソウ(絶滅危惧?類)」だけは園内に作られた野草園で撮ったもので、林内に自生しているわけではない。
クマガイソウ(Cypripedium japonicum)について図鑑を見ると、属名の「Cypripedium」はギリシャ語のCypros(キプロス:ビーナスの島)とpediron(上靴)に由来し「ビーナスのスリッパ」の意であり、英名もVenus's slipper orchidまたはLedies slipperと呼ばれるとある。
和名でもその形に由来する植物名は大変多く中にはオオイヌノフグリなどといただけない名前もあるが、アツモリソウやクマガイソウならビーナスのスリッパと対等に渡り合えるか。

野草園はボランティアの方々が管理しているエリアで、季節に応じていろいろな野草を楽しめるようになっていて、林内の奥の方に咲いている花や希少種を間近に見る事が出来る場所でもある。
マツバウンラン
matubaunran_5398.jpg

マツバウンランとスジグロシロチョウ
matubaunran_5404.jpg

そろそろ終盤を迎えたムラサキケマン
murasakikeman_5292.jpg

フデリンドウ
fuderindou_5392.jpg
クマガイソウ
kumagaisou_5319.jpg

クマガイソウ
kumagaisou_5331.jpg

クマガイソウ(横顔)
kumagaisou_5322.jpg


2008/05/03 | 09:58
植物コメント:2
コメント
今晩は、woodsさん。
一枚目のマツバウンランのブルーともパープルともつかない色と
woodsさんならではの暈しが好きです。
泉自然公園にはクマガイソウも咲いていますか!?
貴重な公園ですね。
「ビーナスのスリッパ」なんて何てキュートな学名なのでしょうね。

2008-05-03 土  19:28:46 |  URL | papurika #YBX8sle. [編集]
一枚目の暈しは、背後の木々の枝の間から覗く青空です。
光が回折して面白い色合いになりました。
上部に入れた前景の枝をもう少し多くして下部をカットした方が良かったのですが後の祭り、一枚一枚撮るときに真剣に考えないといけませんね。
クマガイソウは1坪ほどの面積に咲き乱れていました。
自生しているのを見ることは難しいので、例え花壇でも群生は嬉しかったです。
2008-05-03 土  21:05:16 |  URL | woods #Ufi/25FY [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Copyright © つれづれの記 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?