ノムラモミジ

秋の紅葉だけでなく春の若葉も赤いと言う事に惹かれて25年前に植えたノムラモミジ。
毎年欠かさず剪定をしないとボサボサ頭のように育って鑑賞に耐えられなくなる。
今年も年末、そろそろ植木屋さんから連絡が有る頃だが真っ赤な葉はもう少し眺めていたい。

ノムラモミジ

ノムラモミジ

ノムラモミジ

ノムラモミジ

ノムラモミジ


2014/11/30 | 17:20
コメント:2

銀杏

街路樹の黄葉が急に進んだ。
昨日までは緑色だった銀杏の葉が今日は一斉に黄色く色づいた。
通りがかりの人も車を止めてスマホで写真を撮って行く。
道路に葉やギンナンが落ちなければ言う事は無いのだが。

銀杏

銀杏

銀杏

銀杏

銀杏

Ichou_1452.jpg

銀杏


2014/11/29 | 16:29
コメント:0

2014秋12景展

昨日、陶芸作家「六地蔵窯」に千葉県在住のガラスや漆器,木工などの工芸作家が集まって年に一度作品展を開催していると言うので息子夫婦の案内で「2014秋12景展」に行ってきた。
気に入った作品も沢山有ったが財布の事情で見るだけで我慢。

周囲の林は紅葉も始まっていたので間もなく見ごろになるだろう。

IMG_1378.jpg

IMG_1370.jpg

IMG_1331.jpg

IMG_1365_stitch.jpg


2014/11/24 | 15:04
コメント:2

山倉ダム

3月末の腰椎骨折は癒えたものの、その後遺症で一寸無理をすると直ぐに骨折箇所周辺が痛くなってくる。
それを治す為には患部周辺筋肉を鍛える必要が有ると言われている。

昨日は天気も良かったので徒歩10分の所にある山倉ダムまで散歩に出かけた。
ここは以前「千葉県子どもの国」と呼ばれていたが、今は民間企業に売却され「キッズダム」と名前が変わった。
犬を飼っていたころは良く散歩に出かけた場所で、3月末には空を覆うような桜並木が美しい。
しかし、犬も亡くなり子どもも成長してしまったので、最近は行く機会も少なくなってしまった。

カメラが重いのか10分も歩くと背中に痛みが出てくるので、休み休み2時間ほど歩いてきた。
リハビリが目的の散歩で写真を撮るのは二の次だが、いざその場に立つと中々そう割り切れないだろうと思って標準ズーム1本だけを持参した。

山倉ダム

山倉ダム

山倉ダム

山倉ダム

山倉ダム

横4枚の写真を合成 (クリックして拡大して見てください)
山倉ダム


2014/11/22 | 17:31
コメント:2

リハビリ

腰椎の骨折は癒えたものの少し歩くと背中が痛くなってくる。
筋肉が付いてくれば傷みも収まるので、体力を付ける為に散歩の距離を少しずつ伸ばそうと思うが中々思うようには行かない。

房総では12月にならないと紅葉は見られないが、銀杏の黄葉はモミジの紅葉寄り少し早く始まった。

自宅前道路の街路樹
街路樹の紅葉


今日は雲一つない秋晴れになったが、写真にするには少し雲が欲しかった。

団地から京葉工業地帯を望む
秋晴れ_1

団地周辺に広がる田園地帯(横4枚縦2段=計8枚の合成写真)
秋晴れ_2


2014/11/14 | 16:43
コメント:2

スマホデビュー

デジカメのリモートコントロール用にスマホを買った。
野草の撮影では被写体が地面近くに有ってアングルファインダーが有っても屈みこまないと撮れないケースが多い。
そこでスマホでアングルファインダーの代わりをさせようという訳だ。

しかし、スマホは本体も高価だし月々の費用負担もばかにならないので、アングルファインダーの代用だけでは勿体ないからスマホを日常の携帯としても使えるように考えた。

コストを下げる為に、具体的には中国製SIMフリ-の端末を購入し月々の費用が安いSIMカードを採用する事を検討。
その結果、費用はスマホ本体の購入費用が1万6千円程、通話及びデータ通信は月々1,600円で済んだ。

昨日SIMカードが宅配されたので直ぐにスマホにセットして機能確認した所、初期設定で次のような若干のトラブルがあったものお全て解決し快適なスマホ生活に入る事が出来た。

1.AUのガラ携にある電話帳をスマホにコピーしたら全角文字が全て文字化けした⇒USBケーブルでPCに繋いで一件ごとに修正。

2.SIMカードメーカーの指示通り初期データを登録したがインターネットに繋がらない(電話機能は問題なし)
  ⇒モバイルネットワークの認証タイプをSIMメーカー指示の値(PAPまたはCHAP)からCHAPに変更。

3.日本語入力アプリとしてATOKが入っていたがアプリとの相性が悪く直ぐに落ちるので他の入力アプリをダウンロードして入れ替えた。

快適に使えるようになったので、今まで使っていたガラ携は使わなくても済みそうだ。
こんなことならMNPで移動したら良かったと反省している。

スマホ
左がガラ携(AU)     右が今回購入したスマホ(5”画面)


2014/11/13 | 18:37
コメント:4

花後

何回か実や種をアップしてきたが、もう絵になりそうな被写体が見つからないのでこのシリーズは今回で終わりにする。

ハギ
ハギ

ノボロギク
ノボロギク

シャラノキ
シャラノキ


2014/11/11 | 17:12
コメント:2

秋もボチボチ

紅葉はまだまだですが、確実に秋は深まってきたようで気温が上がらずストーブを出しました。
でも点火せずやせ我慢しています。

ご近所さんから庭に成ったとザクロを頂いたが、食べるのは勿体ないから玄関に飾った。

ユズ
ユズ

ユズ

タチバナ?
タチバナ

ザクロ
ザクロ



2014/11/10 | 16:21
コメント:2

カキ買えば カネが減るなり 消費税 ゴ~ン 

今年は柿の当たり年らしい。
友人が、庭に植えた柿の木の枝が折れそうになっていると話していた。
我が家には柿の木が無いのでスーパーで買って来るが、最近はあちこちからよく頂く。
一度に沢山いただくと老人世帯ではとても食べ切れないのでジャムにしているようだ。

柿

柿

柿


2014/11/09 | 12:20
コメント:0

モチノキ

最近、庭でヒヨドリがギャーギャー鳴いていてうるさい。
餌が無くなったのかスズメの大群も寄ってkる。
さて
モチノキの実を撮ろうとしたら!!! あれっ赤く色づいた実が見当たらない。
すっかり食べられてしまったようだ。
小鳥たちも必死なんだろうな。

モチノキ

モチノキ


2014/11/08 | 17:27
コメント:0

万両

今日の写真は昨日より10倍も価値のある万両。
一粒でも万両。
では我が家には千両箱がどれだけあるんだろう。
・・・と、妄想を抱いても一円にもならない。

残念ながらまだ赤く色づいていないので天保銭の価値ほどもない。

マンリョウ

マンリョウ

マンリョウ


2014/11/07 | 08:03
コメント:0

千両

「千両」と言えば千両箱や千両役者を思い出すほどお金や売れっ子をイメージするような名前だ。

お金のようなと言えば、他にも一両と呼ばれるツルコウジ、十両と呼ばれるヤブコウジ,百両と呼ばれるカラタチバナ、さらにはそのまま万両と言う木もある。
覚え難いので、これを『蔓藪から千万両』とこじつけて覚えた。
が、一両,十両,百両,万両はヤブコウジ科ヤブコウジ属だが、千両はセンリョウ科センリョウ属の全く別の種類である。
また、千両にも二種類あって黄色い実がなるのはキミノセンリョウと呼ぶらしい。

庭でヒヨドリやスズメが賑やかだが、この実を食べに来ているのかもしれない。
モチノキは赤くなった実をほとんど食べられてしまって残り少ないがセンリョウはまだ残っている。
小鳥にとっては美味しくないのかな?

センリョウ

センリョウ

キミノセンリョウ
センリョウ

センリョウ



2014/11/06 | 16:01
コメント:2

コバラ

コバラって言ったって「小腹が空いた」のコバラじゃないよ。

ツルバラ
ツルバラ

ツルバラ

野バラ
野バラ

野バラ


それにしても今日は肌寒い。空は厚い雲に覆われ雪でも降ってきそうだ。
この気温なら紅葉が一気に進むかもしれない。

2014/11/05 | 14:37
コメント:0

ヒメリンゴ

今日の実りの秋は「ヒメリンゴ」
別名エゾノコリンゴと呼ばれるが、厳密に言うとヒメリンゴはエゾノコリンゴと中国原産のイヌリンゴとの雑種らしい。

ヒメリンゴは単独で植えても中々実がならないのでj交配促進のため直ぐ近くにハナカイドウを植えているが、そのハナカイドウにも実がなっている事は昨年まで気づかなかった。

なお、ヒメリンゴもハナカイドウもバラ科リンゴ属で同じ仲間。

ヒメリンゴ
ヒメリンゴ

ヒメリンゴ

ハナカイドウ
ハナカイドウ


2014/11/04 | 12:02
コメント:0

実りの秋

野に花が少なくなってきたので、今日から暫くは花後を追いかけてみようと思う。
手始めはピラカンサ。

ピラカンサ

ピラカンサ

ピラカンサ

ピラカンサ

ピラカンサ


2014/11/03 | 11:12
コメント:2

ビワの花

昨日から11月、本格的な実りの秋到来で、八百屋には栗や柿そして沢山の林檎や蜜柑が並んでいる。
ところがビワは今が花盛り、果実を食べられるのは来年の初夏だ。
楽しみにして待とう。
それにしても枇杷の花って地味だなぁ。

ビワ

ビワ

ビワ


2014/11/02 | 12:36
コメント:4

蔓延る

『憎まれっ子 世に憚る』 は 『憎まれっ子 世に蔓延る』とも言われる。
正に野草の生態そのもの。

抜いても抜いても生えてくる雑草(敢えて野草とは言いたくない)の生命力には驚嘆する。
他を押しのけて幅を利かし領域を広げて行く所には、日本的な奥ゆかしさは微塵も感じられない。
でも、現代のような複雑な競争社会で生き残るにはそれが必要なんでしょうね。

それでは、弱者はどうするか。
『長いものには巻かれろ』
先人の知恵は深いけど、そんなの嫌だな。
ダメよ ダメダメェ。

セイタカアワダチソウ(周囲はニラのそう果)
セイタカアワダチソウ

セイタカアワダチソウ

チカラシバ
チカラシバ

チカラシバ


2014/11/01 | 12:41
コメント:0

Copyright © つれづれの記 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?