アガパンサス

今日は朝の内少し陽射しも出たが、今は全天が雲に覆われいつ降ってきてもおかしくない空模様。
まだまだ梅雨の真っ最中だからこれが当然の天気かもしれないが何となく気が重い。

近所のお宅の開花に遅れる事半月、やっと我が家のアガパンサスも咲きだした。
日陰に植えているのが開花遅れの原因だろう。

アガパンサス

アガパンサス

アガパンサス

アガパンサス

アガパンサス

アガパンサス


2013/06/30 | 12:54
コメント:2

風疹予防ワクチン注射の影響か結婚式の疲れかあるいは目まぐるしく変わる天候のせいか、この2,3日身体がだるい。
早く体調を戻さないと次の作業に取り掛かれない。

ルコウソウの蔓が大分伸びてきた。
花は小さいが、色鮮やかな真っ赤な花と繊細な緑の葉とのコンビネーションが美しい。

ルコウソウ

ルコウソウ

ルコウソウ

ルコウソウ


2013/06/29 | 12:46
コメント:2

珍客来宅

アマリリスの花が散った茎の先にノシメトンボが飛んできた。
数日前に見かけたがその時は用事が有って撮り損ねたので、今回が今年初めてのトンボ撮影。
味もそっけもない記録写真だけど第一回記念としてアップする。

ノシメトンボ

ノシメトンボ

ノシメトンボ

チリアヤメ
購入した覚えはないので何かの苗についてきたのだろう、
オキザリスの葉の間から今年も芽が出て、花を咲かせた。
チリアヤメ

チリアヤメ



2013/06/28 | 16:01
コメント:4

ギボウシ

雨の中、10時半に歯医者の予約をしていたので補修工事に行ってきた。
次回は、がんセンターの検査結果を見てから治療方針を決めるという事で、8月19日になった。

ツクバイの奥にギボウシが咲いているが周囲が他の植物に覆われとても引いて撮れる状態ではない。
仕方ない、マクロで我慢するか。

ギボウシ

ギボウシ

ギボウシ

ヘリオトロープ
庭の片隅で咲いていて気付くのが遅かった。 ゴメン
ヘリオトロープ


2013/06/26 | 12:34
コメント:0

風疹のワクチンを打ってきた

今年は風疹が大流行していてワクチンの入手が困難と聞く。
昨日、医院から予約しておいたワクチンが届いたと連絡があり打ちに行ってきた。
これで大丈夫だと信じるしかないが。

23日、結婚式で東京まで出かけた。
披露宴は東京駅前の丸ビル35階にあるフレンチレストラン(サンス・エ・サヴール 本店は南仏)。
梅雨のさなかで雨を心配したが幸いにも青空も見え、新郎新婦だけでなく天気まで少々あつい一日だった。
昨日は疲れも有って、ワクチン注射で近所の医院へ出掛けた以外は自宅でダウン。

東京駅
IMG_1173.jpg

KITTE(旧中央郵便局)
IMG_1177.jpg

東京駅から皇居方面を望む
IMG_1178.jpg

レストランから見た皇居
遠方見見えるのは新宿ビル群
IMG_1203.jpg


2013/06/25 | 19:08
その他コメント:2

ヒメヒオウギズイセン(別名:モントブレチア)

これから結婚式で東京へ行くので、今日一日は雨が降らないよう願う。

ヒメヒオウギズイセンはその名前から当然ヒオウギズイセン(ワトソニア属)の仲間だと思っていたが、図鑑を見たらなんと別属のクロコスミア属(旧属名:モントブレチア属)だったと知る。
ヒメヒオウギズイセンの事をモントブレチアと呼ぶのは旧属名の呼び名が残ったものらしい。

じゃぁ じゃぁ ヒオウギズイセンってどんな花?って興味が湧いてきた。
一寸調べてみた結果思った事は、ヒメヒオウギズイセンに比べてシベが短く花弁の先端の形もちょっと違うかな。
ヒオウギズイセン(ワトソニア)とヒメヒオウギズイセン(モントブレチア)を混同している情報も多いので注意しなくちゃ。

この花、ネットで調べたら「繁殖力が旺盛で周囲にどんどん広がるから植え場所に注意」とある。
庭の片隅に植えていたのが随分増えてきたの喜んではいたのだが、一旦全部抜いてプランターに植えかえようかな。

ヒメヒオウギズイセン

ヒメヒオウギズイセン

ヒメヒオウギズイセン

ヒメヒオウギズイセン

ヒメヒオウギズイセン



2013/06/23 | 07:27
コメント:2

ツキミソウ

梅雨に入ってからあまり降らなかった雨だが、台風の影響かここ数日はよく降る。
こんな時は写真を撮るのは億劫だなぁ。

雨で涼しくなったせいかツキミソウが元気だ。
夕方になると沢山の花が咲くが翌朝には桃色仮面に変身。

ツキミソウ

光があたった部分の花色が少し赤みを帯びているのは夜間照明の関係。
ツキミソウ

翌朝にはこんな色に
ツキミソウ

ツキミソウ


2013/06/22 | 07:29
コメント:2

ひめはるの里-3

「ひめはるの里」も今日が最終回。
かつて花ショウブが咲き乱れていた場所はすっかり埋め立てられ芝生が植えられ、名前もレインボーガーデンに変わった。
芝生の中には直径1m程の丸い枠の中にジャーマンアイリスを植えた花壇が散在し、その周囲はペチュニアやサルビアなどの草花で飾られている。

ペチュニア
ペチュニア

ペチュニア

ペチュニア

サルビア
サルビア

サルビア


2013/06/21 | 08:00
コメント:4

ひめはるの里 -2

昨日に続きひめはるの里のクリスタルガーデンから(一部ローリスガーデン)
クリスタルガーデンは温室が主体になっている。

コエビソウ
コエビソウ

マリーゴールド
マリーゴールド

マリーゴールド

ローリスガーデンから
ネジバナ(モジズリ)
ネジバナ

ニワゼキショウ
ニワゼキショウ


2013/06/20 | 08:23
コメント:4

ひめはるの里-1

台風4号の影響ではないだろうが今日は朝から強風が吹いている。

服部農園の帰路、同じ茂原市にあるひめはるの里に寄った。
ここは谷あいに花ショウブが咲く名所だったが経営が行き詰まり閉鎖。
その後新しい経営者の元で再開されたと聞いていたのでどんなふうに変わったのか興味もあった。
名称はレークウッズガーデン -ひめはるの里- と言うらしい。
行ってみるとハナショウブは姿を消しバラと犬のガーデンと言ったところか。

園に入ってすぐ右手にはバラ園(ローリスガーデン)が新設されていた。
蕾は沢山あるが咲き終わった花がそのまま残っているので撮影意欲があまり湧かない。

風景

バラ

バラ

バラ

ベゴニア
ベゴニア

ベゴニア


2013/06/19 | 09:34
コメント:4

アジサイ屋敷へ行ってきた

梅雨の合間を狙って茂原市に有る服部農園(俗称:アジサイ屋敷)へ行ってきた。
山の斜面一面にアジサイが咲くこの時期は観光バスまで立ち寄るアジサイの名所だ。
雨の雫は既に消え蒸し暑さだけが残った一日ではあったが久し振りの撮影で気分は上々。
花は既に峠を過ぎて色あせたり傷んだりした部分が多いことから思うに、見頃は今月上旬だったのかもしれない。

戸外へ花の撮影に出かけたのは2年半ぶりだった。
リハビリも兼ねていたので使った撮影機材は望遠ズーム一本のみだったが、何とか写真らしく撮れたような気がする。
昨日撮影した写真はメインサイトにある『花だより』に「花めぐり」コーナーを新設してアップしたので、興味が湧いたら覗いてみてください。

アジサイ

アジサイ

アジサイ

アジサイ

アジサイ

アジサイ


2013/06/18 | 12:26
コメント:4

モンカタバミ

オキザリス・テトラフィラ(和名:モンカタバミ)の花が梅雨に打たれて色鮮やかだ。
この花、買ってきた覚えはないがいつの間にか我が家に居ついて既に10年近くなるだろうか。
茎丈が高いので他のオキザリスに覆われてしまってもその葉を押しのけて伸びてくる。
葉は四葉のクローバーを二回りくらい大きくした感じかな。

モンカタバミ

モンカタバミ

モンカタバミ

モンカタバミ

モンカタバミ


2013/06/17 | 08:53
コメント:2

梅雨の贈り物

今年の梅雨は空梅雨かと思っていたらやっとそれらしい空模様になってきた。
雨に濡れた庭木の緑が嬉しそう。
残念なことに花壇の花は雨に打たれて倒れかかり被写体として使えそうもない。

鉢植えのルピナスは観葉植物と化してしまったのか、蕾が出る気配が全くない。
しかし葉についた雫は何とか使えそうだ。

ここまで寄って撮る場合、手持ちでなんて横着はせずに三脚を使ってシッカリとカメラを固定し、あと1段か2段絞りこんだ方が良かったかもしれない。
『次はそうしよう。』って毎回反省しているけど撮影する時にはスッカリ忘れてる。

ルピナス

ルピナス

ルピナス

ルピナス

ルピナス


2013/06/16 | 07:03
コメント:2

家庭菜園

裏の庭を耕して野菜を植えた。
我が家の家庭菜園は収穫より掛けた費用の方が高くつく事も多いが、何所へ遊びに行ってもお金がかかる世の中、かけた世話に見合った見返りまで有るのだから、考えようによっては意外に素晴らしい趣味なのかも知れない。

ジャガイモ
ジャガイモ

ジャガイモ

キュウリ
キュウリ

ナス
ナス

ナス

トマト
トマト

カボチャやズッキーニにも挑戦したが、花が大きすぎて全く絵にならないので断念した。


2013/06/15 | 08:34
コメント:4

紫陽花

台風3号は熱帯低気圧に変わったものの豪雨のおそれは消えていない。
今日は東京方面へ出かける用事が有り心配していたが、幸いにも今の所は雨は止んでいる。
このまま一日持ってくれると嬉しいのだが。

梅雨時に似合う花と言えばハナショウブとアジサイかな。
雨に濡れて色鮮やかになった緑の葉と花とのコンビネーションが素晴らしい。
しかし我が家にはハナショウブは無い。
と言うか以前は何種類か植えていたのだが、数年ごとに土を換えて植え替えるのが面倒で友人にあげてしまった。

今年のアジサイはどうも花つきが悪い。
全く蕾のない鉢植えが3鉢と地植えが一株、昨年はどの株もしっかり咲いたのに『なんでかなぁ』

紫陽花

紫陽花

紫陽花

紫陽花

紫陽花

アナベルは蕾も面白い
紫陽花


2013/06/14 | 07:37
コメント:6

ナンテン

今降っている雨は終日降り続くのかな。
外出できそうもないので、エアコンや空気清浄機のフィルター掃除をしてカビ対策でもをしようか。

ナンテンの花が咲いているが、花が小さくてピントを合わせにくい。
花は揺れるし身体も揺れる。
だから花の揺れと身体の揺れをシンクロさせればお互いの揺れが相殺される?
そんな事、出来る訳ないか。

ナンテン

ナンテン

ナンテン

季節を間違えたシロヤマブキが一輪、寂しそうに咲いている。
天候不順だと植物もおかしくなるのか。
シロヤマブキ
シロヤマブキの種、その内に真っ黒になる
シロヤマブキ


2013/06/13 | 07:49
コメント:4

シャラノキ

昨日の夕方から雨が降っているが、これは梅雨ではなく台風の影響だろう。
雨降りは鬱陶しいが、雨に濡れた庭木の緑を見ていると清々しい気持ちになる。

シャラノキは別名ナツツバキとも呼ばれ、ちょうど梅雨に入った今の季節に真っ白な花を咲かせる。
花の特徴は花弁の縁の布を引き裂いたようなギザギザとシワシワだろうか。
今年は例年に比べて花数が半分以下しかないけど、昨年花後の実を取らなかったのが影響しているのかも。

シャラノキ

シャラノキ

シャラノキ

シャラノキ

シャラノキ

シャラノキ


2013/06/12 | 07:48
コメント:2

キキョウ

やっと梅雨らしい空模様になってきた。
まだ雨は降らないが全空を覆う雲の厚みが変わってきたように感じる。

庭の片隅でひっそりとキキョウが咲きだした。
この花を見ると、子供の頃開花が待ち切れず蕾を指でつまんでつぶして無理に開かせた事を想い出す。
あの頃を懐かしむのも年老いたせいだろうか。

キキョウ

キキョウ

キキョウ

キキョウ


最近TVの画面で見るモデルや芸能人はやたらとハーフが多いと思うのは僕のひがみか。
外国人を使ったCMも多いが、日本人じゃ駄目なのか。
美人でスタイル抜群で・・・と書くと日本人はブスでスタイルが悪いように思えてしまうがそんな事は無い。
日本人だって負けちゃいないよ。
胴長短足って言われたのは昭和の時代まで、今の若者のスタイルは欧米人に決して引けを取らないと思う。
背も高いし脚も長く顔も小さい。
これは食物の変化と生活習慣の違いによるものだろう。
僕だって僕だって今の時代に生まれていりゃぁもう少し脚が長くなっていた筈だよ。

そこで我が家のオステオスペルマムの「ハーフ」登場。
たった一輪だけなので来年に期待している。
色違いの2種類の花の遺伝子が混ざり合ってしまったようだ。
花びら一枚づつ交互の色違いならもっとインパクトが有ったかも。
オステオスペルマム
本来はこんな花
オステオスペルマム


2013/06/11 | 07:14
コメント:2

ペチュニア

園芸店でペチュニアに似た花でサフィニアと言うのを見かけることがあるが、サフィニアはサントリーが花数や耐候性など品種改良して開発したペチュニアの一品種である。
だから「ペチュニア」はサフィニアも含めた総称でもあると考えられる。
花期は長く初夏から秋まで咲いているので花壇には便利な花である。

ペチュニア

ペチュニア

ペチュニア

ペチュニア


2013/06/10 | 07:16
コメント:2

ランタナ

今日も暑くなりそうだ。
青空が広がって太陽が眩しい。

庭の花か海岸の写真ばかりで飽きが来るがもう暫く我慢しよう。
秋になれば野に出て写真を撮ることが出来るようになっている(んじゃないかなと希望的観測)。
と言う事で今日も我が家の庭の花「ランタナ」。
花期は3月から10月と長い上に特別な手入れは要らないのが嬉しい。

ランタナ

ランタナ

ランタナ

ランタナ

ランタナ

ここからはおまけ
ヒューケラ(和名:ツボサンゴ)
この花は花期が長い。
4月10日に最初の一枚を撮ってから2ヶ月、まだまだ元気だ。
タマスダレ

ミニバラは今こんな状態、そろそろ終わりか。
ミニバラ


2013/06/09 | 07:23
コメント:2

朝顔

庭の敷石が濡れている所を見ると、昨夜は雨が降ったのかな。
連日の晴天で疲れが見え始めた草花もこれで少し元気が出るだろう。

福島原発事故がきっかけで始めたグリーンカーテン、今年も出窓の外に朝顔のプランターを置いた。
窓全体を覆うまでにはもう暫くかかるが花はポツポツも咲きだした。

朝顔

朝顔

朝顔

昨日用事で千倉まで出かけた。
雨降りの予報が外れたのは良かったが、もう少し青空が欲しかった。
と贅沢を言ってみる。
千倉の海岸

千倉の海岸

道端で自生のホタルブクロが咲いていた。
こんなのを見かけるとそれ用の撮影機材を持参して出掛けたくなってくる。
ホタルブクロ



2013/06/08 | 08:23
コメント:2

キンレンカ

梅雨入り宣言後初の雨だが朝にはもう止んでいた。
今日は用事で出かけなければならないのでこのまま降らないで欲しい。

ナスタチウムとか科名のノーゼンハレンと呼ばれる事もあるキンレンカ(金蓮花)、その葉がハスに良く似ている所からの命名だろう。
花は花期が長く夏から秋まで楽しめる上に食べる事も出来るそうだ。
『甘くやわらかくておいしい』と本に書いてあったが、未だ食べた事は無い。

キンレンカ

キンレンカ

キンレンカ

キンレンカ

キンレンカ

キンレンカ


2013/06/07 | 07:17
コメント:2

夏の海

感染症にかかる危険性を避けて、外房の海水浴場へ出掛けてみた。
場所は九十九里浜の南に位置するいすみ市。
まだシーズンではないので人出はゼロに近くサーフィンをする若者が数名のみ。
砂浜には足跡一つなく、あと1ヶ月もすれば浜を埋め尽くす人々で賑わうであろう様子は微塵も感じられない。

そこで一句
『夏海や 若者どもが 夢の前』
えっ 松尾芭蕉の句のパクリだって?
錯覚ですよ 錯覚

梅雨のさ中とは思えないような青空が広がる海水浴場だった。

いすみ海岸

いすみ海岸

いすみ海岸

いすみ海岸

いすみ海岸

※いすみ市は2005年に夷隅町、大原町、岬町が合併して誕生した新しい市。


2013/06/06 | 07:06
コメント:6

タツナミソウ

1週間ほど前にふと立ち寄ったホームセンターの園芸コーナーでピンクのタツナミソウを見つけた。
白と青紫の2種は我が家にも有るので珍しくはないが、それ以外のは見た事がなかったので衝動的に購入。
今年から新たに仲間入りした花だがあまり増えても困るので少し隔離して植えこむ事にする。
さて来年にはどの程度増えるだろう?
期待と心配が入り混じった複雑な心境だ。

タツナミソウ

タツナミソウ

Tatunamisou_0630.jpg

タツナミソウ



2013/06/05 | 07:03
コメント:2

ブルー・サルビア(サルビア・ファリナセア)

昨日は寒いくらいだったが今日は朝から暑い。
梅雨入りしてから雨が降らないが、今年の梅雨は空梅雨か。

サルビアと言えば真っ赤な花(サルビア・スプレンデンス)を思い浮かべる方が多いと思うが、ブルー・サルビア(サルビア・ファリナセア)もそう捨てたものではない。
確かに斜面などの見渡す限り一面を真っ赤に染めたサルビアの写真を見るとその迫力には圧倒されるが、狭い庭に植える時にはこの花の方が周囲の緑に合うような気がする。

ブルーサルビア

ブルーサルビア

ブルーサルビア

ブルーサルビア

ブルーサルビア


2013/06/04 | 07:25
コメント:2

花もよう

アジサイの花が色づき始めると庭の花々が急に寂しくなってくる。
あんなに咲いていたバラもミヤコワスレもカラーもそろそろ終盤、どの花も夏を迎える準備に入ったようだ。

花の写真の撮り方もいろいろ有ると思うが、今日はいつもと違う撮り方をしてみた。
題して「花もよう」
自然の中で咲いている花なのでその配置は自由にならないが、花だけを千切ってきてテーブルに並べれば配置や組み合わせ次第でもっと面白い写真になるかも。

ガーベラ
ガーベラ

カワラナデシコ
カワラナデシコ

オステオスペルマム
オステオスペルマム


以下は過去に撮った写真からピックアップ
ユキヤナギ
ユキヤナギ

オステオスペルマム
オステオスペルマム



2013/06/03 | 08:04
コメント:2

ビヨウヤナギ

ビヨウヤナギは漢字で美容柳(あるいは未央柳)と書くが、何故そう書くのか命名の根拠は知らない。
名前に柳が付くが柳の仲間ではなくてキンシバイと同じオトギリソウ属の仲間。

この花の原産国である中国では「金糸桃(キンシトウ)」と呼ぶらしいが、日本でそう呼ばないのは「金糸梅(キンシバイ)」と紛らわしいからか。( woods管理人の独断と偏見による見解)
真相は兎も角、どちらの花も桃や梅に似てないけどなぁ。

そんな事はさておき、沢山の金糸のような雄蕊が特徴の花で被写体としては美容柳の方が金糸梅より面白いかな。

ビヨウヤナギ

ビヨウヤナギ

ビヨウヤナギ

ビヨウヤナギ

ビヨウヤナギ

ビヨウヤナギ


2013/06/02 | 07:26
コメント:2

キンシバイ

今日の写真は キンシバイ。
庭の片隅でひっそりと咲く・・・と言いたいところだが、花数も多く結構自己主張しているようだ。

まだデジカメを持って写真を撮り始める前はキンシバイとビヨウヤナギの区別がつけられなかった。
全く違う花で一目でそれと分かるのに不思議なことだが、興味を持っていないとそうなのかもしれない。
「金糸梅」と言う名前にはビヨウヤナギの方が合っているような気もするが。

キンシバイ

キンシバイ

キンシバイ

キンシバイ

今日から6月、梅雨入り宣言は出たものの空は快晴、もう夏の陽気だ。

2013/06/01 | 08:15
コメント:2

Copyright © つれづれの記 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?