2013カレンダー「野辺の花々」

その年にお世話になった方々に贈るのが恒例になりつつあるカレンダー、今年の分もやっと完成した。
内容には大きく分けて2バージョン有り、その内の『野辺の花々』シリーズをここに紹介する。

ただこの2年は病気療養中のため殆ど写真を撮ることがなかったので昔の写真を引っ張り出したため、見たことのある写真も多いと思うが大きな心でご容赦を。

なお、もう一つのバージョンは野辺の花々シリーズをベースにあまり一般うけしないと思われる写真を他の花写真と差し替えたものである。

表紙 アメリカフウロ
cover

1月 ニホンスイセン
01

2月 ツクシ
02

3月 カタクリ
03

4月 ツボスミレ
04

5月 キキョウソウ
05

6月 ドクダミ
06

7月 ヤマユリ
07

8月 イワゼキショウ
08

9月 イボクサ
09

10月 ミゾソバ
10

11月 ミコシグサ
11

12月 キダチアロエ
12


2012/12/20 | 19:39
コメント:8

人間万事塞翁が馬

13日に病院から帰るや否や二男夫婦の招待で妻ともども伊東温泉郷へ一泊二日の旅、往復とも車の後ろに座っているだけの大名旅行だった。
宿には「快気祝い」と伝えてあったらしくいろいろと気遣い頂き、豪華な料理と温泉を堪能してきた。
息子夫婦は仕事が忙しいらしくここ暫く一緒の旅が出来なかったが、今回は休暇を取って日程を空けてくれたらしく感謝の念で一杯である。

病状は実際にはまだ完治宣言が出たわけではなく、CT画像では影が認められなくなったことと強い副作用が残っていることから当分の間抗がん剤の治療を休憩しましょうという事ではあるが取り敢えずは峠を一つ越えた感じ。
治療開始当初、患部が肝臓全体に広がっていたために手術が出来ないから選んだ新薬による化学療法(治験治療)ではあったが、もし病状がそれほど進んでいなかったら今頃は肝臓の一部が切除されていたかも知れないと思うと何が幸いするか分からない。
これぞ『人間万事塞翁が馬』の見本みたいなものだ。

まずは治療が休憩出来る状態にまでなったことを素直に喜びこの2年で失われた体力の回復に努めようと思う。

宿(青山やまと)
旅館「青山やまと」

宿の庭園
宿の庭園

宿の庭園

夜景
部屋からの夜景

朝日が昇ってくる
朝焼け

朝焼け
朝焼け

夜明け
夜明け

伊東市街も夜が明けた
伊東市街


往復はこの車で・・・って ウソでーす。
宿の駐車場に駐めてあったいたお客さんの車、最新のスーパーカー「ランボルギーニ・アヴェンタドール」
数千万円もするらしい。

ランボルギーニ



2012/12/15 | 13:16
コメント:10

Copyright © つれづれの記 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?