あれやこれや

台風一過、晴れ間は広がったが蒸し暑い一日になった。

一寸した事情で半月ほどブログを休止します。
また再開の節は宜しくお願い致します。

ベゴニア
ベゴニア

ベゴニア

ハツユキカズラ
ハツユキカズラ

キキョウ
キキョウ

キキョウ

ツボサンゴ(シナバーシルバー)
ツボサンゴ

ツボサンゴ(ファイヤーチーフ)
ツボサンゴ


2012/06/20 | 16:36
コメント:8

ペチュニア

まだ6月と言うのに台風が接近しているらしい。
今夜半には関東地方を通過するとか、鉢植えの花は軒下へ退避しておこう。

ペチュニアにはサントリーが出したサフィニアのようにいろいろな品種があるらしい。
写真の花も普通よく見るペチュニアよりも一回り花が小さい。
園芸店で同じ花を見かけ流通名を確認したが、帰宅した時には既に忘却の彼方、歳は取りたくないものだ。

ペチュニア

ペチュニア

ペチュニア

ペチュニア

ペチュニア


2012/06/19 | 10:14
コメント:2

ビヨウヤナギ

梅雨に入ってからそれ程雨が降った訳ではないが湿度が高く蒸し暑いせいか倦怠感がひどい。
今日も薄日が漏れているが何かをしようと思う気力が湧かない。

ビヨウヤナギはキンシバイにも似ているが蕊が長いのが特徴で、マクロで狙う被写体としては大変面白い花である。
マクロレンズでいろいろ狙ってみた。
水滴もなければ虫もいないたった一輪の花、それでもプロならそれなりの写真に仕上げるのだろうが ・ ・ ・ ・
所詮は素人カメラマン、この程度で良しとしよう。

ビヨウヤナギ

ビヨウヤナギ

ビヨウヤナギ

ビヨウヤナギ

ビヨウヤナギ

ビヨウヤナギ


2012/06/18 | 11:05
コメント:4

ブルーサルビア

昨日の雨も上がって風もない穏やかな朝を迎えた。
今日は町内会のクリーン活動で道路掃除、いつもは夫婦で出るのだが体調不良もあって僕だけ許してもらった。

雨に濡れたブルーサルビアも良いが降っている時に庭に出るのは嫌なので写真は降っていない時のもの。

ブルーサルビア

ブルーサルビア

ブルーサルビア

背景の黄色いのはキンレンカ
(キンレンカは別名ナスタチウムとも言うが属名のナスタチウムとは科も属も違う)
ブルーサルビア

ブルーサルビア


2012/06/17 | 10:00
コメント:4

ランタナ

今は梅雨のさなか、今日も朝から雨で何となく鬱陶しい。
でも雨に濡れた庭木や街路樹の緑は鮮やかで美しい。

ランタナについて一寸調べてみた。
参考書によると熱帯あるいは亜熱帯の植物で高さ1~1.5mにもなる低木または多年草とある。
日本では冬越しが難しいのか室内での鉢植えで見ることが多いのはそのためか。
写真の花は園芸種ランタナ・ドワーフ・レッドで、我が家では直植えだから一年草扱いである。

ランタナ

ランタナ

ランタナ

ランタナ

ランタナ


2012/06/16 | 10:30
コメント:2

カワラナデシコ

庭の片隅でカワラナデシコの花が揺れている。
白い花もあったはずだが、一昨年末の生垣撤去の際に抜かれてしまったらしく昨年は花を見かけなかったような気がする。
尤も昨年は花どころではなかったので咲いていても気が付かなかったのかもしれないが。
何とか残っていて今年も白い花が見られると嬉しい。

カワラナデシコ

カワラナデシコ

カワラナデシコ

カワラナデシコ


2012/06/15 | 13:36
コメント:2

ナンテン

鉢植え南天の花が咲いた。
毎年花は沢山咲くのだが実は落ちてしまうのか小鳥に食べられてしまうのか、実の重さで房が垂れさがる姿は見られない。

南天

南天

南天

南天

ドクダミ3種揃い踏み
ドクダミ


2012/06/14 | 06:19
コメント:2

ヒメヒオウギズイセン

庭の片隅で赤いものが揺れている。
何だろうと近寄ってみたらヒメヒオウギズイセンの花だった。
まだ咲きだしたばかりのようで蕾が多い。

ヒメヒオウギズイセン

ヒメヒオウギズイセン

ヒメヒオウギズイセン
ヒメヒオウギズイセン

ヒメヒオウギズイセン



2012/06/13 | 10:38
コメント:2

シャラノキ

毎年梅雨の候になるとこの花が咲きだす。
今年の自作のカレンダーの6月にはシャラの木の散り花を取り上げたが、雨に濡れている花自体を撮ったことはまだない。
何故なら花の位置が高く見上げる格好での撮影になるので、降っている最中での撮影は傘がさせないから。
幸いにも昨日は梅雨の合間の晴れ、撮影のチャンスと思ったが花に一滴の雫も見つけられなかった。
世の中、中々思うようにはいかないものだ。
花は直ぐに散ってしまうが花数が多いので下を見なければ気が付きにくいかも。

シャラノキ

シャラノキ

シャラノキ

シャラノキ

シャラノキ


2012/06/11 | 09:10
コメント:2

キンシバイとビヨウヤナギ

昔は区別が付かなかったキンシバイとビヨウヤナギ。
花の写真を撮るるようになると、何故区別が付かなかったのかが不思議なほど違う。
猿山の飼育員は一匹一匹を区別できると言うしアフリカはサバンナの保護観察員はライオンや象の個体を識別できると聞く。
観察眼を養うのは日頃の努力の積み重ねが大事なんだろう。

キンシバイ

キンシバイ

キンシバイ

昨秋、写友から頂いて庭に植えたビヨウヤナギ。
蕾が付いたのは知っていたが、今日見たら花が咲いていた。
まだ樹高40cm程しかないのに律儀なことである。
ビヨウヤナギ


2012/06/10 | 11:12
コメント:4

メドーセージ

今日は割と体調が良かったので友人も出展している絵画展(市原・総美展)と写真展(木更津・写真サークルかねだ)に出かけた。
いろいろ刺激を受けたけど身体が言うことをきくようになるまでは我慢我慢。

関東地方も今日から梅雨に入ったらしい。
雨に濡れたアジサイも美しいが、雨の中で写真を撮るのは遠慮しておこう。

メドーセージ

メドーセージ

メドーセージ

メドーセージ

メドーセージ

チェリーセージは5月にも取り上げたけどセージ繋がりで再登場
チェリーセージ


2012/06/09 | 21:23
コメント:2

アジサイ

今日は病院、手足の痺れが強いため抗がん剤の投与が一種類になって点滴が1時間で終わった。
思いのほか早く帰宅できたのでちょっとカメラを持ち出してアジサイを撮る。
と言っても玄関から数m以内での撮影だが。

赤と青の二種類を鉢植えから直植えにしたらどちらも赤になってしまった。
片方の土壌を酸性にしなければならなそうだ。
それにアルミイオンの補給も。

墨田の花火や他のアジサイはまだ咲かない。

このアジサイはまだ開きかけ
アジサイ

こちらはほぼ満開か
アジサイ

アジサイ

アジサイ

アジサイ


2012/06/07 | 19:21
コメント:6

ハギの花が咲きだした。
この花を見ると、数年前に国営ひたち海浜公園へネモフィラの花を見にいた時に咲いていたハギを想い出す。
国営公園のハギと我が家のハギとは比べようもないが、一つ一つの花は同じだと自分を納得させる。
白萩はまだ蕾も見えない。

ハギ

ハギ

ハギ

ブラウザ経由で見ると何でこんなに彩度が高く品の無い色になってしまうんだろう。


2012/06/06 | 19:21
コメント:2

小さい花

群れて咲く小さい花を幾つか集めてみた。

アリッサム
アリッサム

アリッサム

白のイオノプシジューム
イオノプシジューム

コモチマンネングサ(雑草)
コモチマンネングサ



2012/06/05 | 19:20
コメント:2

ヒューケラ(和名:ツボサンゴ)

緑鮮やかな季節になってきました。
暑くもなく寒くもなし、こんな気候が一年中続いたら良いのだが。
でもボケるだろうな。

シナバーシルバーが咲きだしたが、花の色が地味であまり綺麗じゃない。
この品種、花は冴えないが葉は模様が綺麗。
ファイヤーチーフは葉ばかりほこっていてまだ花芽が見えないが、今年は咲かないのかな?

ツボサンゴ

ツボサンゴ


2012/06/04 | 11:56
コメント:7

アマリリス

沢山あった株もたった一株になってしまった。
球根が沢山出来ているので今年は株分けできそう。

アマリリス

アマリリス

アマリリス


2012/06/03 | 14:33
コメント:2

ヘリオトロープ・ブルーワンダー

ヘリオトロープはペルー原産の小低木。
別名ニオイムラサキとも呼ばれるように特有の芳香を放つらしいが、鼻が悪いせいかよく分からない。
香料のバニラ香はこの花の成分を精油したものとものの本に書かれていた。

横にしたり
ヘリオトロープ

縦にしたり
ヘリオトロープ

寄ってみたり
ヘリオトロープ

回り込んでみたり
ヘリオトロープ


2012/06/02 | 12:32
コメント:2

バラ

今年のバラのアップは、今咲いているものあるいは既に咲き終わったものを含め今日で終わりにする。
まだ咲いていない純白の中輪もあるが蕾が付いていないので今年はもう咲かないと思う。

シカゴピース
シカゴピース

シカゴピース

ユーレカ
ユーレカ

ユーレカ


2012/06/01 | 11:01
コメント:2

Copyright © つれづれの記 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?