アンズ

大地震後10日目に入り新たな生存者の発見は殆ど絶望視されていた中、2名の生存者が救助された。
夜間には氷点下に下がる気温の中そして何日かは雪も降った中、218時間もよくぞ生き延びられたものと思う。
16歳の方は低体温症でありまた足の骨折もあるという。
早く元気になって欲しい。

原発事故報道や病院から救出された被災者が避難先で死亡されたなど暗くなるばかりばかりだったTVや新聞も久し振りに明るいニュースで賑わった。
瓦礫に埋まり歩くのも困難な場所であるにも拘らず、発見・救助に携わった方々に大きな拍手をおくりたい。
それにしても人間の生命力って素晴らしい!

地震や津波で破壊された交通網も次第に整備され、被災地でも仮設住宅の建設が始まったと聞く。
避難されている被災者の方々方々にとってはこれからが本当の苦労の始まりだろう。
将来に向かって明るい未来が開けるよう、また希望のある未来に向けて歩み始められるよう政府は元より日本全国民が協力して行きたい。

蕾が膨らんでいたアンズ、今朝見たら数輪の花が咲いている。
これが被災者の方々の未来を暗示するものであって欲しいと願ってやまない。

アンズ

アンズ

アンズ


2011/03/21 | 17:52
植物コメント:4

Copyright © つれづれの記 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?