ホタルカズラ

今年のゴールデンウィークの天候は概ね良好だそうだ。
ETC装着車の高速道路料金割引の影響もあって連休初日から各地で渋滞発生とか。
いつもは閑散としている東京湾横断道「アクアライン」だが、昨日は『上り方面が大渋滞だったよ』と川崎から帰省した息子が言っていた。
今朝の新聞にも、『いつもなら木更津から40~45分で行ける羽田空港までが週末には1時間半かかってしまう』と定期バス運行会社の話が載っていた。
安くなるのは大歓迎だが飛行機の時間に間に合わなくなってしまったら大変だ。
やっぱり週末に出歩くのは止めておこう。

公園を歩いていたらブルーに染まった一帯が見えた。
近づくとそれはホタルカズラの花だった。
一輪一輪はそれほど美しい花ではないが、数m離れて見るとまさに蛍の群舞だ。

ホタルカズラ
ホタルカズラ

ホタルカズラ

エビネ
エビネ


2009/04/30 | 09:22
コメント:4

キンラン

我が家の近くの公園に隣接する林ではあちこちでキンランを見かけるようになった。
黄色の花は新緑の中ではよく目につくためか盗掘で大分数を減らせ一時は絶滅するかもと心配したが、最近はボランティアの方の努力もあって次第にその数を増やしてきた。
一方ギンランの方は非常に少なく、近所ではたった一株しか確認できていない。
絶滅寸前だがなんとか生き延びて来年も美しい花を見せて欲しいものである。

キンランキンラン
キンランキンラン

キンラン


2009/04/29 | 18:00
コメント:2

フジの花

我が家のフジは既に花が終わってしまったが、公園や寺の境内のフジはまだまだ充分見られる。

(上総国分寺)
フジ

(農業センター)
フジ

(農業センター)
フジ


2009/04/28 | 15:12
コメント:4

花壇の草花 その11

昨日からの強風がまだ少し残っているが青空が広がって既に5月の陽気だ。
午前中所用で出かけたついでに近くの林に寄ったら沢山のキンランが咲いていた。
そこはボランティアの方が花の一本一本に添え棒をして管理しているので盗掘も免れているようだ。

「花壇の草花」も11回目にもなったので今日で一旦終わらせ、明日からは庭から出て戸外で撮ってきた写真にしようかと思う。

昔はこの花を「バコパ」と呼んでいたように記憶しているが、購入時の名札には「ステラ」と書かれている。
どうも呼び方が変わったらしい。
ステラ
ステラ


クレマチスも最近は沢山の品種が出回っていて、先日ホームセンターのの園芸コーナーへ立ち寄ったら数十種類のクレマチスが所狭しと並べられていた。
正直、あれほど沢山の種類があるとはちょっと驚き。

これはお馴染みのクレマチスだがこの色・形が一番好きだ。
白の一重と薄紫の八重のクレマチスはどうも消えてしまったようで今年は芽が出てこない。
クレマチス
クレマチス


寒い時期から元気に咲き、それからずっと目を楽しませてくれたノースポールだがまだまだ元気だ。
ノースポール
ノースポール


2009/04/27 | 14:22
コメント:4

花壇の草花 その10

3日前の予報では雨だったがすっかり晴れ上がって太陽がまぶしい。
こんな天気が大型連休中ずっと続けば最高の景気刺激策となるかも知れない。

園芸店に終わりかけの花を集めた寄せ植えの鉢が有った。
売り物ではなかったらしいが、値段を聞くと鉢の値段の1500円でいいと言う。
まだ蕾も沢山あるのに勿体ないと買ってきて鉢から出して株をほぐし花壇に植えたら、元気が出てきて次々に花が咲き綺麗だ。
我が家に来てからもう一週間以上になる。
これが多年草だったらいいのにな。

子どもの頃はこの花を「ヤグルマソウ」と呼んでいた。
花の写真を撮るようになって「ヤグルマソウ」とは別の花で正しい名前は「ヤグルマギク」であると知る。
ヤグルマソウは葉の形が、ヤグルマギクは花の形が鯉のぼりに付ける矢車に似ている所からの命名だが、ヤグルマソウは在来種でヤグルマギクは外来種、幾ら似ているからと言っても早い者勝ちの世界ではヤグルマギクに勝ち目はない。

同様に「ツキミソウ」と呼ばれている黄色い花も正しい名前は「オオマツヨイグサ」で、ツキミソウは4弁の白い花だと言う事も。
(オオマツヨイグサを宵待ち草と呼ぶこともある)
現在では本来のツキミソウを見る機会は殆どないが絶滅危惧種とは言わない。
何故なら、それは南北アメリカに分布する植物で江戸時代末期に渡来した外来種だから。
(なお、オオマツヨイグサの渡来は明治初期らしい)

こんなことを知ったのもデジカメを持って花の写真を撮るようになったお陰か。

ヤグルマギクヤグルマギク
ヤグルマギクヤグルマギク


2009/04/26 | 07:48
コメント:6

花壇の草花 その9

今日は朝から雨だ。
高速道路料金のETC割引で今週末に遠出を計画していた方々はさぞかしがっかりしておられるのでは。
サンデー毎日の我が家は渋滞する週末の遠出をずっと避けて来たが、今回のETC割引は魅力的だ。
来週からは大型連休が始まる。
多分大渋滞だろうから出かけるのは止めておくが、果たしていつまで1000円の魅力に抗し続ける事が出来ることだろうか。

雑草のように増え続けるタツナミソウ、どんどんその範囲が広がってきた。
(ま、正真正銘の雑草なんだけどね)
地面をびっしり覆ってしまうので、そろそろ思い切った手段を講じないと他の野草が駆逐されそうだ。
花は可愛いけど背に腹は代えられない。
強い野草は手入れが簡単だけど増えすぎるし、弱い野草は直ぐに消えてしまう。
何事もほどほどがいいな。

目を描いたら幽霊そっくり・・・かも。 うらめしや~って
タツナミソウ

それともキョンシーの背後霊?
タツナミソウ

同じタツナミソウでも白と紫では花の形も微妙に違う。
こっちはリス? いやいやモグラかな。
タツナミソウ

タツナミソウ


2009/04/25 | 09:56
コメント:2

花壇の草花 その8

今日は映画「相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿」を観に行ってきた。
脚本がよく練られていて中々面白い。
主役の六角精児のとぼけた味と脇を固めた俳優達のシリアスな演技に引き込まれた。

この真っ赤なガーベラは僕が子どもだった頃から花壇に咲いていた花で、株分けしてもらい実家から持ってきた。
亡き父が大事にしていた花で、毎年今頃この花を見ると父を想い出す。


ガーベラ

ガーベラ


ボタンの花は、最初に咲いたピンク二種類は既に散り続いて赤も終わった。
今残るは紫と白。
白は全ての蕾が開いてしまったが紫は残る蕾が開きかけ。
他の数株は昨年場所替えしたからか今年は蕾が付かなかった。

ボタン

ボタン

ボタン


2009/04/24 | 16:26
コメント:2

花壇の草花 その7

久し振りにデジ散歩をしてきた。
ウグイスの鳴き声に導かれての林内散歩は気持ち良い。
が、悲しい事が一つ、それはカラスノエンドウのシロバナが跡形もなく消えていたこと。
3月に撮った時は畳一畳ほどもあったのに今日見たら一株も見当たらない。
周囲には普通のカラスノエンドウが沢山生えているがその部分だけ空白になっている。
誰かが抜いていったとは思いたくないが、もしそうなら種だけ採っていったらよかったのに。

先日購入した緑色のバイカカラマツ、八重ではなく「千重」と書かれていた。
八重でもいいのにちょっと大げさだ。
写真の背景に見えるのはネットフレンドから頂いたピンクのバイカカラマツ(八重)で我が家に来てからもう数年になる。

バイカカラマツ

バイカカラマツ


ジャスミンは強い。
和室との仕切りの竹垣に沿わせたらすっかり覆ってしまった。

ジャスミン

ジャスミン


垣根を覆ってしまったと言えばモッコウバラも同様。
庭と駐車場の仕切りは今や黄色い壁だ。

モッコウバラ


2009/04/23 | 21:39
コメント:2

花壇の草花 その6

花壇の花と言うより山野の雑草と言った方が確かなホウチャクソウとアマドコロ。
気を付けていないと地下茎でどんどん広がって思いもかけない所から芽が出てくる。
今年、花が終わったら少し整理してやらないといけないかな。

似たような山野草でナルコユリとチゴユリもあるが、そちらの方はまだ芽が出てきたばかりで花が咲くのはだいぶ先になりそうだ。

アマドコロ(葉は斑入り)
アマドコロ

ホウチャクソウ
ホウチャクソウ


3年前に秩父神社の境内で購入した黄花ホウチャクソウは今年も元気だ。
キバナホウチャクソウ
黄花ホウチャクソウ黄花ホウチャクソウ


2009/04/22 | 13:59
コメント:10

花壇の草花 その5

予報通り全天に厚い雲が広がって風も出てきた。
今日は午後から雨になるようだ。

ここ何年か成長がストップしたままだったバイカイカリソウ、思い切って土を入れ替えて見た。
これでこれから株が大きく成長してくれると期待しているのだが。

バイカイカリソウ
バイカイカリソウバイカイカリソウ

数年前に散歩で通りがかった方から頂いたカラー(オランダカイウ)の株、ここ数年で随分大きくなり場所も広がってきた。
戴いた年は一輪しか咲かなかったのに最近は次々に開く。
そろそろ株分けしないと周囲の花が場所を占領されて苦しそうだ。

カラー
カラーカラー


2009/04/21 | 11:53
コメント:4

花壇の草花 その4

クラス会で撮った写真をスライドショーにしてみた。
色々な行事で撮った写真を家庭のTVで見られるスライドショーとしてCDやDVDで配布するために、WindowsXPの時は専用のソフト(デジカメDVDスタジオ2)を購入して使っていたが、VISTAには同等の機能が最初から組み込まれていて、BGM付きのスライドショーを簡単に作ることが出来る。
配布先にはパソコンの無い人も居るのでこの機能は便利だ。
まだ使った事のない方は是非トライしてみる事をお奨めする。

我が家のミヤコワスレは薄い紫一色になってしまった。
濃い色と薄い色のミヤコワスレを同じ場所に植えておくと濃い色が消えてしまうと聞いた事がある。
その真偽のほどは分からないが、以前は濃紫色もあったが消えてしまった所から見るとあながち間違いでもなさそうだ。

ミヤコワスレ


何年かの間に随分と株が増えてきたシラー・カンパニュラータ(別名ヒアシンソイデス・ヒスパニカ)。
その和名はツリガネズイセン(釣鐘水仙)と言うらしい。
でも釣鐘とは大げさなので「風鈴水仙」の方が合うような気がするが如何か。

シラー


2009/04/20 | 09:55
コメント:4

花壇の草花 その3

天気は回復してきたようだが気温はあまり上がらない。
暑すぎた日が数日続いたので少し肌寒く感じるがこの位の方が気持ちが良い。

ワスレナグサ
ワスレナグサ

ヒューケラ(ツボサンゴ)
ヒューケラ

ヒューケラ(ツボサンゴ)
ヒューケラ


2009/04/19 | 09:39
コメント:4

花壇の草花 その2

気になっていた映画「レッドクリフ?」を昨日観に行ってきた。
観ている内に昔読んだ三国志を断片的に思い出したが、全く思い当たらないエピソードも多い。
それだけボケたということだろう。

オーニソガラムはハナニラや秋のタマスダレ同様強い花で、土の移動とともに広がったのかあちこちから芽が出てくる。

オーニソガラム


オステオスペルマムは昨年から我が家の花壇にメンバー入りした花で、昨年は花が咲いている最中に選定してしまいその後咲く事はなかったが、それが却って株の成長を促進したのかも知れない。
気候の影響も無視できないが今年は沢山の花を見せてくれそうだ。

オステオスペルマム


数年前に購入した日本サクラソウも少しずつではあるが株数が増えてきた。
まだ全種類咲いている訳ではないが、どの種類も消えずに残っているようなので咲くのが楽しみである。

日本サクラソウ


2009/04/18 | 09:06
コメント:4

花壇の草花

何日か留守にしている間に花の方は撮影の都合を待たず次々に開花した。
ボタンも既に3種類5輪の花が開いているので、昨日から紅白2本の傘を差し掛けてやった。
今日からはそんな花壇の花からピックアップして紹介する。

大輪のクレマチス(ダッチェス オブ エジンバラ)はすっかり根が張ったのか今年は殊の外花数が多いが、他のクレマチスが駆逐されてしまったようなのが気がかりだ。
これから咲くといいのだが。

クレマチス(ダッチェス オブ エジンバラ)クレマチス

ブラキカム?
ブラキカム?

ブラキカム?

エスコルチア(ミニチュア サンデュー)エスコルチア

エスコルチア


2009/04/17 | 10:33
コメント:6

木の花

本格的な春の訪れ、と言うよりも初夏の陽気で木の花も次々に咲きだした。

門の脇に植えたシロヤマブキ、今年は例年になく花数が多い。
シロヤマブキ

カーポートとの仕切りに植えたモッコウバラ、間もなく一面が黄色に染まるだろう。
モッコウバラ

鉢植えのヒメウツギは今年も元気だ。
ヒメウツギ

ボタンも2種類目が咲いた。 明日には3種類目も開きそうだ。
ボタン


2009/04/16 | 14:59
コメント:2

クラス会

中学校時代のクラス会で二日間ほど伊香保温泉へ出かけていた。
クラス会はこれまでも何度かあったが一泊のクラス会は初めてだ。
古希ともなれば、年齢が年齢なので亡くなった方も何人か居られるが参加率42%にびっくり。
それも全員若々しく、自営業も含めまだ現役でバリバリ活躍されている方も数人居られる。
街路樹の桜も満開で祝福してくれていたようだ。
次回は何年後になるか分からないが同じメンバーが全員揃うことは難しいだろう。
皆さんの健康を祈って散会した。

昨夜の雨も嘘のように眩しい朝を迎え、昼には5月末の陽気のように暑くなった。
朝霧に霞む榛名湖を見たかったがそんな気配は微塵もない。
榛名山に登った後、湖周辺を少し周って帰宅。
たった二日留守にしただけだが、咲いている花が増えた。
もうボタンが咲き始め、フジの花ももう直ぐ満開になりそうな勢い。
例年より10日近く早いようだ。

ボタン
ボタン

フジ
フジ



2009/04/15 | 18:59
コメント:0

明日は雨になるか?

好天が続いた空模様も明日は久しぶりの雨になるらしい。
明日から二日間ほど中学校時代の同級会で出かけるので、本心としては降らない方がいいんだけどな。
でも、この雨で乾ききった庭の花壇も少しは生気を取り戻すだろう。

タイツリソウ
タイツリソウ

ヒメシャクナゲ
ヒメシャクナゲ


2009/04/13 | 21:02
コメント:0

パンジー

パンジーは花の季節が長く手入れも容易な上に色彩も豊かなので花壇を飾るには最適である。
しかし、見て綺麗だとはいっても写真に撮り難いのでずっと敬遠していた。
でも、たまにはここに載せてやらないとへそを曲げられても困るので、記録写真ばかりだが敢えて紹介する。

パンジー

パンジー

パンジー

パンジー

パンジー


2009/04/11 | 09:41
コメント:0

庭の草花

暖かくなるのを待っていたように十二単やラミウムが咲きだした。
どちらもグランドカバーに使用されるようにその繁殖力の旺盛さには驚かされる。
凄まじい勢いで周辺一帯に広がるので、植え場所を良く考えないと他の山野草が駆逐されてしまうおそれがあり要注意植物だ。

十二単
十二単

ラミウム
ラミウム


2009/04/10 | 21:31
コメント:4

ヒメリンゴ他

三日ほど旅行に出て帰って見たら庭の花々が一斉に開花している。
ヒメリンゴなど満開を過ぎて散り始め、慌ててハナカイドウの木の下へ移動。
これで今年も実がなってくれるだろう。

ブルーベリーも開花した。
今年も実がなって呉れるだろうか?

暖かくなって次々と咲きだすので撮影が追い付かない。

ヒメリンゴ
ヒメリンゴ

ヒメリンゴ

ブルーベリー
ブルーベリー

ブルーベリー


2009/04/09 | 18:26
コメント:4

ハナカイドウ

遅れていた近所の桜、昨日今日の二日で満開になってしまった。
あす以降の天候にもよるが、留守の間に散ってしまわねば良いのだが。

弘前城へ桜を見に行った時、その年は特に桜の開花が早く残念ながら既に散った後だったが、城内に咲くハナカイドウの大木に感動。
帰宅して直ぐに植木屋さんを周って苗木を購入し庭に植えた。
それから数年、我が家のハナカイドウもだいぶ大きく成長した。
弘前城のハナカイドウとは比ぶべくもないが花付きでは決して負けてはいない。
ただあまりにも花が混んで咲いているため、その一部分を写真に撮るのには苦労する。

ハナカイドウ

ハナカイドウ

ハナカイドウ

ハナカイドウ

ハナカイドウ

それではこれからちょっと出かけます。
申し訳ありませんがコメントを頂いても直ぐにはレス出来ません事をご了承ください。


2009/04/06 | 08:19
コメント:2

ヒアシンス

雨は降っていないがどんよりとした曇り日で陽射しは見えないが、明日からは天候が良くなるらしい。
だからと言う訳ではないが明日からちょっと雲隠れします。

Hyacinthus

Hyacinthus


2009/04/05 | 13:15
コメント:0

段咲き桜草

何年か前に購入した段咲き桜草が今年も元気に花を咲かせた。
普通の日本サクラソウのように背が高くならずタンポポのような形だ。
花はその名前の通り二重と言うより2段重ねである。

他の日本サクラソウは種が飛んだのか数年で随分株数が増えたが、段咲き桜草の方は株こそ大きくなったものの株数は全く増えない。
根分けして増やそうかとも思うが、株を傷めてしまいそうで恐くて手を出せない。

段咲き桜草

段咲き桜草

段咲き桜草


2009/04/04 | 19:56
コメント:2

アケボノアセビ

桜を見に近くの公園へ。
天気は最高、風も弱く暖かな一日になったが、この所の冷え込みが影響したらしく公園の桜並木はまだ2分咲き。
枝垂れ桜に至っては開花率ゼロ、言うなれば「ゼロ分咲き」だ。
代わりの被写体を探していて壺型の花が可愛いアケボノアセビを発見。

アケボノアセビ
Akebonoasebi


マンサクはとっくに終わったと思っていたのにまだ咲いていました。
Mansaku

Mansaku


2009/04/03 | 18:41
コメント:2

山野草

数年前にネットフレンドのPさんから頂いたバイカカラマツ(流通名:カメオ)が今年も元気に咲きだした。
直径1cm余りの小さな花だが淡い紅紫色の可愛い花で花期が長い。

バイカカラマツ
Baikakaramatu_4372.jpg


イワヤツデは2年前に同じくネットフレンドのLさんから頂いたものだが、昨年は花を見る事が出来ず心配していた所、今年は可愛い花を見せてくれたので一安心。
鉢植えにしていたが株の育ちが悪いようなので、花が終わったら直植えにしようかと思っている。

イワヤツデ
イワヤツデ


2009/04/02 | 17:50
コメント:0

デジカメを買った

OLYMPUSのコンパクトデジカメ(μ 1050 SW)を買った。
仕様は1010万画素,光学ズーム3倍だが、特徴は3m防水と1.5m耐衝撃である。
だから、雨に濡れても水溜りに落としても問題ない。
と言うより水中撮影も可能なので、夏になったら水中の魚でも撮ってみたいな。
でも、今のところ撮りたい被写体に思い当たらないので当分は宝の持ち腐れかな。

<IMG_4345.jpg


2009/04/01 | 17:30
写真コメント:4

Copyright © つれづれの記 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?