海草? イソギンチャク? それとも 金平糖?

さて、何の写真でしょう。
分かった方、貴方は花に相当詳しいですね。

Canna

Canna

Canna

答えはカンナの実です。
面白い形ですね、花からは想像できません。
注目されるのは花が咲いている時だけで、終わると抜かれてしまう為に知らない方も多いと思います。

2008/10/31 | 19:02
コメント:2

ホームステイ3日目の「モモ」

ホームステイ三日目、今日は天気もいいので窓の外に出して貰った。
深窓の麗人?と言われているかもしれないモモにはちょっと眩しい。

ねぇねぇ 可愛いでしょ 髭は生えてるけど女の子だよ
DSC_9895.jpg

降りられるかなぁ
DSC_9905.jpg

ん 呼んだ?
DSC_9907.jpg


2008/10/29 | 12:38
犬・猫コメント:6

クモの巣

今日は庭木の剪定日、朝から植木屋さんが3人ほど入って刈りこんだり葉を透かしたり。
お陰で枝の間から空が見えるようになった。
一つ残念なことは、この所撮影を楽しみにしていたクモの巣がすっかり取り払われてしまったこと。
でも明日には新しい巣が架けられるだろう。

剪定前に面白い巣を見つけた。
クモの巣って円周を渦巻き状に架けるのかと思っていたが、この巣を見ると必ずしもそう断言できないようだ。
良く見ると途中でUターンしているようなので左右半分ずつ架けたらしい。
アール・ヌーボーに目覚めたか、あるいは半分架けたところで気持ちに乱れを生じたか。

几帳面とズボラの同居
Kumonosu_9866.jpg

UFOの襲来か
Kumonosu_9865.jpg


2008/10/28 | 14:22
写真コメント:6

モチノキ

昨夕、親戚のヨーキー「モモ」が今年2度目のホームステイにきた。
今回は2週間の予定。
また暫くはにぎやかになりそうだ。

植木屋さんから、明日庭木の剪定に入ると連絡が有った。
今年はモチノキの実が例年になく見事に色づいているので、剪定前に記録写真を残しておこう。

Motinoki_9311.jpg

Motinoki_9751.jpg


2008/10/27 | 19:58
コメント:2

大文字草がやっと咲いた

昨年購入した大文字草、今年は中々花が咲かないので心配していたがやっと咲きだした。
「綾香」という品種で鮮やかな紅紫色、花壇の彩りにはなるが大文字草は白の方がいいかな。

その横に咲いているのは数年前にネットフレンドから頂いた「バイカカラマツ」。
花は小さいが花期が長くて嬉しい。

大文字草(綾香)
Daimonjisou_AYAKA_09854.jpg

Daimonjisou_AYAKA_09855.jpg

バイカカラマツ
Baikakaramatu_09858.jpg

Baikakaramatu_09860.jpg


2008/10/25 | 10:47
コメント:8

コスモス

昨日からの雨がまだ降り止まない。
今日も一日雨だそうだ。
で、一昨日撮ったコスモス、写真だから何日経っても枯れないとは思うけど他にないので。

団地近くにあった休耕地がいつの間にかコスモス畑になっていた。
色とりどりの花がそよ風にゆらゆらと揺れてさながら万華鏡を見ているよう。
写真を撮るには風が無い方が嬉しいが自然現象では致し方ない、我慢我慢。

Cosmos_9787.jpg

Cosmos_9773.jpg

Cosmos_9774.jpg

Cosmos_9775.jpg

Cosmos_9778.jpg

Cosmos_9784.jpg


2008/10/24 | 07:20
コメント:6

まだまだ元気なキバナコスコス

今日は午後から雨の予報。
午前中は晴れ間が覗いたと思ったら急に降りだしたりと不安定な空模様だ。

コスモスに一ヶ月ほど先んじて咲いていたキバナコスモスもそろそろその季節を終えようとしている。
今季はまだ一枚も撮っていなかった事を思い出し、記録として最後の姿を撮っておこう。
黄橙色一色の花だけではどうにも絵にしにくい。
せめてアゲハチョウか赤とんぼの一匹でも居てくれたらな。

KibanaCosmos_9758.jpg

KibanaCosmos_9759.jpg

KibanaCosmos_9760.jpg

KibanaCosmos_9761.jpg

KibanaCosmos_9765.jpg


2008/10/23 | 12:21
コメント:4

朝の散歩から

クモの巣の写真を撮りに出かけたが、光が弱くて写真にならない。
仕方ないから虫さんと遊んできた。

アズチグモ
Seitakaawadatisou_9730.jpg

ハナアブ
Seitakaawadatisou_9731.jpg

ショウリョウバッタ
Syouryoubatta_9743.jpg

ツマグロヒョウモン
Tumagurohyoumon_9677.jpg


2008/10/22 | 20:51
コメント:4

夕焼け小焼け

今日は朝からすっきりとした秋晴れ、気温もそれほど上がらず久しぶりに気持ちの良い一日になった。
夕焼けが見られそうだったので、日没に間に合うように団地内の高台にある神社の境内へ急ぐ。
そこは京葉工業地帯やその向こうには富士山も一望できる夕焼けを撮る絶好のポイント。
残念ながら地平線近くに雲が有って富士山は見えず、夕焼けも小焼けで終わった。

DSC_9517.jpg

DSC_9520.jpg


2008/10/16 | 21:51
写真コメント:8

雨上がりに

早朝の天気予報では、昼近くまで降ると言っていたが、朝9時過ぎには止んで時折薄日も射す。
庭を見ると、植木の間に張ったクモの巣がレースの首飾りのようなので早速カメラを持ち出して撮ってみる。

クモの巣の向こうに赤い花でもあればそれが雫に映って「ルビーの首飾り」のようになったと思うが・・・
何もないからただ撮っただけの味気ない写真になってしまった。

レースの首飾り
Kumonosu_9360.jpg

ちょっと陽が射したら、雫が作る玉ボケが宝石のように輝いた。
陽射しが強かったらもっとはっきりと虹色が出たと思うが、直ぐに陰ってしまい残念。
Kumonosu_9348.jpg

チェリーセージも雫をためて
CherrySage_9357.jpg



2008/10/15 | 10:58
コメント:8

ご近所散歩で

団地内はどこを歩いても金木犀の芳しい香が漂ってくる。
どの木もほぼ同時に開花したようだ。

キンモクセイ
Kinmokusei_9059.jpg

アメジストセージ
SalviaLeucantha_8956.jpg

アカツメクサ
Akatumekusa_8995.jpg

オシロイバナやハゼランは夕方にならないと開花しないので、三脚なしのデジ散歩では手ブレを避けるのが難しい。

オシロイバナ
Osiroibana_9087.jpg

舗装の割れ目から芽を出したハゼラン(別名:三時花)にも可愛い花が咲いた。
Hazeran_9066.jpg


2008/10/12 | 22:50
コメント:8

またまたチョウ

ネットフレンドを案内してマザー牧場へ花撮影に出かけた。
残念ながらまだ花は少なくて、サラシナショウマやトリカブトが咲くのは今月末になりそう。
花がないので代わりに撮ったチョウ達の写真。
撮影条件は決して良くはなかったが、何とかチョウの種類を判別できるくらいに写っているのでよしとする。

メスグロヒョウモン♀(セイタカアワダチソウ)
Mesugurohyomon_F_9147.jpg

モンシロチョウ(ゴマナ)
Monsirochou_9143.jpg

キチョウ(??アザミ)
Kichou_9145.jpg


2008/10/10 | 18:49
コメント:4

土手の散歩で

昨晩の天気予報では「雨時々曇り」と言われていたが、朝から眩しいほどの太陽が覗き絶好の散歩日和。
野の花々は、間もなくく訪れる冬に備えて思いっきり栄養を吸収しようとしているようにみえる。

イヌタデInutade_9004.jpgボントクタデBontokutade_9102.jpg

ヒヨドリバナHiyodoribana_8974.jpgミゾソバMizosoba_9098.jpg

アキカラマツAkikaramatu_8977.jpgオニタビラコOnitabirako_8997.jpg

ナンテンハギ
Nantenhagi_8966.jpg


2008/10/09 | 15:42
コメント:2

ミツバチやバッタなど

昨日のデジ散歩からチョウ以外の昆虫を集めて見た。
(撮影は90ミリマクロレンズを使用して手持ち接写)

トラマルハナバチ(アキノタムラソウ)
全身、黒と黄色の縞模様の毛に覆われてまさにトラそのもの
Ainotamurasou_9007b.jpg

ミツバチ(ツユクサ)
Tuyukusa_8964.jpg

ツユムシ(アキカラマツ)
Tuyumusi_8981.jpg

ハナバチの一種(ヒヨドリバナ)
Hiyodoribana_8975.jpg

トノサマバッタ
Tonosamabatta_9054.jpg


2008/10/08 | 08:14
コメント:6

散歩の成果・チョウ

雨も止んで青空が出てきたきたので、久し振りにキッズランド(旧千葉県こどもの国)周辺へデジ散歩に出た。
自宅から徒歩で往復40分の距離だが、写真を撮りながらだと1時間半くらいの散歩になる。
そこには土手や湿原もありいろいろな被写体が楽しませてくれる。
土手の草叢に座り込んでミゾソバの花に集まるチョウを追っていたらズボンの尻がびっしょりと濡れてしまった。
昨夜の雨がまだ乾いていなかったようだ。
(撮影は200ミリズームレンズに中間リングを挿入して手持ちで接写)

キチョウ
Kichou_9041.jpg

ベニシジミ
Benisijimi_9035.jpg

ヒメアカタテハ
Himeakakateha_9019.jpg

コチャバネセセリ
Kochabaneseseri_9032.jpg

モンシロチョウ
Monsirochou_9008.jpg


2008/10/07 | 20:07
コメント:4

夕焼け

一昨日(土)、夕焼けになりそうだったので、慌ててデジカメを持ち出して団地近くの川へ急ぐ。
上空の雲の高度が低く期待したほど焼けなかったが、川面に映った夕景もそれなりに美しかったから、まぁ良しとするか。
美しい夕焼けって中々お目にかかれないな。

焦点距離:200ミリ
DSC_8948.jpg

↑の写真をよく見ると富士山上空に沢山のゴミ?!!
部分拡大してみたら家路を急ぐ野鳥の群れだった。
DSC_8948B.jpg

焦点距離:56ミリ
川面をオレンジに染めて、夕闇が静かに迫ってくる。
DSC_8950.jpg


2008/10/06 | 18:01
コメント:6

ミゾソバ

『ミゾソバ』を田んぼの雑草と言う方もいますが、私は「湿原の妖精」と呼んでも良いのではないかと思う程その素朴で清楚な魅力に惹かれます。

Mizosoba_8732.jpg

Mizosoba_8826.jpg

Mizosoba_8831.jpg

Mizosoba_8849.jpg

Mizosoba_8852.jpg

Mizosoba_8855.jpg


2008/10/05 | 08:06
コメント:10

湿原やその周辺の花

今日の写真もツリフネソウを撮りに行った湿原やその道すがらに撮った花々である。
花壇を飾る花のような豪華さや華美な美しさとは対極の素朴で清楚なところが野の花の魅力で、いつまで見ていても飽きないし惹かれるところである。

イボクサ
田んぼの雑草として嫌われるが、湿原の水辺で咲く姿は美しい
Ibokusa_8774.jpg

シロバナサクラタデ
遠目では混みあった花が煩わしいが、近づくとミルククラウンに似た花が愛らしい
Sirobanasakuratade_8762.jpg

ゲンノショウコ
どこにでも咲いている花で、お神輿のように弾ける種も面白い
Gennosyouko_8777.jpg

Gennosyouko_8845.jpg

カントウヨメナ
Kantouyomena_8860.jpg

ユウガギク
Yuugagiku_8865.jpg

アキノノゲシ
Akinonogesi_8851.jpg


2008/10/04 | 08:05
コメント:6

続:雫

一昨日、木更津のハンノキ湿原へツリフネソウを撮りに行った時の写真から。
雫に期待される映りこみはないけど、花を飾るアクセサリとして撮ってみました。

ノハラアザミ
Noharaazami_8834.jpg

ヤマハッカ
Yamahaka_8782.jpg

ツリフネソウの蕾
Turifunesou_8822.jpg

ツリフネソウ
Turifunesou_8737.jpg

Turifunesou_8745.jpg

Turifunesou_8750.jpg


2008/10/03 | 09:22
コメント:6

雫への映りこみ

昨日、近くのハンノキ湿原へツリフネソウを撮りに行った。
その帰りにコスモスも撮る積もりだったが、前日から朝まで降り続いた雨ですっかり傷め付けられて適当な被写体が見つからない。
そこで雫への映りこみだけに焦点を絞って撮影してきた。

ツリフネソウの写真は後日にまわして、今日はコスモスについた雫への写りこみの写真だけにするが、容量の都合ですべてをアップすることはできないのでその中から八枚ほど選んでみた。

何といっても小さい雫の事でもあり縮小写真ではよく分からないと思うが、クリックして拡大すれば少しは雰囲気を掴んでいただけるのではないだろうか。

Cosmos_8892.jpg

Cosmos_8895.jpg

Cosmos_8899.jpg

Cosmos_8904.jpg

Cosmos_8906.jpg

Cosmos_8912.jpg

Cosmos_8921.jpg

Cosmos_8922.jpg



2008/10/02 | 11:42
コメント:15

Copyright © つれづれの記 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?