JAPAN DIY HOMECENTER SHOW 2008

幕張メッセ国際展示場で開催中のDIYショーに行ってきた。
一般入場料は500円だがネットで事前登録しておけば無料、工具や材料の格安即売もあるので毎年楽しみにしている。
それにペット用のジャーキーや餌のサンプルの無料配布も目的の一つ。
昼食を食べてから入場して、3時過ぎに退場するまで8000歩、結構歩いたものだ。
朝から降ったり止んだりの空模様だったが、会場から外に出るとすっかり青空が広がって肌を刺すような直射日光が痛いくらいである。
今日はこのまま晴れるかと思っていたが、帰路急に薄暗くなりまた降り出した。
突然豪雨が降り出すので、いくら天気がよくても傘無しでの外出は危険だ。

下の写真は全て携帯のカメラで撮ったもの
CA330002.jpg

CA330003.jpg

CA330004.jpg


2008/08/30 | 17:51
その他コメント:0

元気になったモモ

明け方4時、遠くで聞こえていた雷鳴が次第に近づいてきたと思ったら、轟音を立てて雨が降ってきた。
驚いて外を見ると、辺りは雨のしぶきで霧が出たように霞んでいる。
まさに「バケツをひっくり返した雨」という形容がぴったりである。
今夏の雨は各地で被害をもたらしているとTV報道では見ていたが、これほど激しい雨が降るとは・・・
愛知県の岡崎では川が氾濫して大きな被害が出たらしい。
その豪雨も午前7時過ぎには嘘のようにやみ、昼頃には青空も広がってきた。
これで天気も回復したかと一安心したのも束の間、午後4時過ぎになってまた雷鳴とともに豪雨。
明日も同じような天候らしい。

手術してから二日、今日のモモは完全に以前の状態に戻った。
ボールをくわえてきては投げろと催促、投げても投げても拾ってくる。
もう根負けだ。

Momo7573.jpg

Momo7580.jpg

Momo7581.jpg

Momo7582.jpg



2008/08/29 | 20:45
犬・猫コメント:6

手術 その後

晴れ間が見えたと思ったら突然の豪雨、おかしな空模様に外出も躊躇われる。
雨の後にはベッタリと肌に纏わりつくような大気が残った。
気温も上がって蒸し蒸しと何とも不快な天気である。

昨日一日は大分元気が回復したものの少し怯えたように部屋の隅に隠れることの多かったモモだったが、今日はすっかり元気になり以前のように部屋の中を走り回れるようになった。
手術後の痛みもそれほど感じていないようだ。
薬はあと3日分あるがそれで充分だろう。
良かった 良かった。

utusemi_7205.jpg


2008/08/28 | 21:21
コメント:2

生爪が剥がれた?

ホームステイ中のモモが右後ろ足の爪先を痛がってビッコを引くようになった。
預かった時、飼い主さんから「足の指から血が出ることが有る」と引き継ぎが有ったのはこの事だったのだ。
動物病院へ連れていった所、爪が元で割れて中の肉片が露出しているという。
そのまま置いても治癒することはないから手術して切除するという。
最初は折れた爪がかろうじて付いていたがその内に完全に取れて中身だけが露出。
いつまでも痛がらせるのも可哀想なので医者に任せることにした。

昨日は麻酔の後遺症もあって今朝まで動きが鈍かったが、今日は大分元気を取り戻したようだ。
傷跡が傷むのか舐めようとするので包帯も直ぐに外れてしまうが、今日一日我慢すれば普通に歩けるくらいに回復するとのことなので様子を見ている。
でも、痛むんだろうなぁ。

ヒメリンゴ(ハナカイドウの樹下に置いたら数珠なりになった)
秋になったら食べられるのかな?
Himeringo_7520.jpg

Himeringo_7549.jpg

花は咲けども実の一つだに・・・あれっ沢山なってるシロヤマブキ
(ヤマブキの仲間じゃないからね)
Siroyamabuki_7524.jpg

ヨウシュヤマゴボウ(近所の林で)
名前に「ゴボウ」とあっても食べちゃダメ!有毒植物です。
Yousyuyamagobou_7093.jpg


2008/08/27 | 14:15
コメント:2

秋バラ

猛暑が続いた今夏も8月中旬を過ぎてから一雨ごとに涼しさを増してきた。
夜間など窓を開け放して寝ると風邪をひきそうなくらいである。
夏の暑さをじっと耐えていたであろうバラも急に元気を取り戻し、小ぶりではあるが花を咲かせ始め秋の到来を知らせてくれる。

ニュー・ドーン
bara_7548.jpg

グラス・アン・アーヘン
bara_Gruss_an_Aachen_7544.jpg

bara_Gruss_an_Aachen_7546.jpg


2008/08/26 | 09:43
コメント:2

ストリートビューで我が家が

北京オリンピックも終わってしまった。
選手の皆さん、お疲れ様でした。
メダルを取れた方も取れなかった方も一生懸命に力を尽くして戦ったことに意義が有ります。
成績が振るわなかったとすれば、それは貴方達の責任ではなく、選手選出や強化・管理それに世界の情勢を的確に分析できなかった組織やトップの責任です。
胸を張って次を期して下さい。
これで、連日熱狂を伝えたTVも新聞も今日からは平常報道に戻るだろう。

日経パソコン8月25日号に、「Googleマップ上に街並みを実装」という記事が載っている。
衛星写真で地上の様子を見られる「Google Earth」は有名だが、今度のは道路を走っている状態で見える画像をGoogleマップ上に重ねて全画面で表示するものである。
これはパノラマカメラを搭載した自動車を走行して撮影した実際の写真を画像処理することで継ぎ目のない連続写真として表示し、水平方向360度垂直方向180度の画像を見られるようにしている。
画像提供範囲は今のところ札幌,函館,仙台,東京23区およびその周辺、横浜,京都,大阪,神戸,淡路島などだが、今後全国に拡大していくという。
試しに我が家周辺を見たところ、なんと!!画面一杯に表示された我が家の姿にびっくり。
今後どこかへ出かける時にはGoogle Mapに加えて事前にその出先周辺の実写映像もコピーして持参することができるのは便利だ。
海外の提供範囲は現時点ではアメリカとフランスだけだがこれが全世界に広がっていけば、擬似的に海外旅行の気分が味わえるかも。

すべてに蕾が枯れてしまったと思っていたレンゲショウマ、ふと見ると花が散った後の花芯が目につく。
諦めて観察していなかった間に次々と咲いていたようだ。旬の時期に写真に残せず残念なことをした。

Rengesyouma_7514.jpg

背景の明るい部分はタカサゴユリの花
Rengesyouma_7537.jpg


2008/08/25 | 09:52
パソコンコメント:4

クレオメ(フウチョウソウ)

クレオメの花は、夕方鮮やかな濃紅紫色に咲くものの朝になって陽当たりが強くなると花弁は縮れたように巻き込み鮮やかだった色彩も消え色褪せてしまう。
しかし、ここ数日気温が下がった関係か10時過ぎまで新鮮な色を保持するようになってきた。
咲き始めてから2ヵ月近く経って、花穂は上の方まで咲きあがりすでに背丈を越えてしまったので、庭に彩りを添えてくれたクレオメもそろそろ花の時期も終わりかもしれない。

Cleome_7526.jpg

Cleome_7527.jpg

Cleome_7531.jpg

Cleome_7532.jpg


2008/08/24 | 09:47
コメント:0

タカサゴユリ

植えた覚えもないのに生えてきて、いつの間にか庭中に広がったタカサゴユリ。
その繁殖力はもの凄く、今では池のコンクリートの割れ目からも芽が出てきた。
正確に数えたことはないが、蕾のない小さな株まで入れれば少なくみても数十本は有りそうだ。
これが他の植物だったら直ぐに抜いてしまう所だが、花が咲くと綺麗なのでついつい抜くのが忍びなくてそのままにするからますます増えることになる。

Takasagoyuri_7539.jpg

Takasagoyuri_7516.jpg

Takasagoyuri_7540.jpg

中には10輪も蕾を付けた株が
Takasagoyuri_7542.jpg


2008/08/23 | 09:44
コメント:0

今日のモモ

一雨ごとに涼しくなってきました。
そよぐ風も初秋らしく爽やかです。
おやつ頂戴
DSC_7488.jpg

アクビだよん
DSC_7493.jpg

DSC_7500.jpg

DSC_7501.jpg

ハ ハ ハックション
DSC_7502.jpg

ん 何?
DSC_7504.jpg


2008/08/22 | 18:48
犬・猫コメント:4

ハナゼキショウ

先日栃木県の那須高原へ行った時に道の駅近くで「ハナゼキショウ」の鉢植えを買ってきた。
岩の上に咲くところから別名「イワゼキショウ」とも呼ばれるらしい。
アヤメ科の「ニワゼキショウ」と間違えやすい名前だが、こちらはユリ科。
栃木・群馬に自生する種類を特別に「ヤシュウハナゼキショウ」と呼ぶらしい。
小さい花が沢山ついていてカスミ草のように涼しげな所が気に入っている。

Hanazekisyou_7401.jpg

Hanazekisyou_7400.jpg

Hanazekisyou_7404.jpg

ギボウシ(白花)
Gibousi_7405.jpg


2008/08/18 | 13:44
コメント:6

「モモ」のホームステイ

昨日の午後、急に空が暗くなり激しい雨が降り出した。
久しぶりの雨で庭木もすっかり元気を取り戻し、気温も下がって過ごしやすい。

毎年恒例になっている「モモ」のホームステイ。
今年も1ヵ月の予定で預かることになった。

DSC_7424.jpg

DSC_7454.jpg

DSC_7455.jpg

DSC_7466.jpg



2008/08/17 | 14:36
犬・猫コメント:4

成東・東金食虫植物群落-3 「コオニユリ」

北京オリンピックの柔道はすべての種目の競技が終わった。
開幕前に予想されたメダル数には届かなかったが、原因は外国選手が強くなっただけではないと思う。
武道としての「柔道」と、競技としての「JUDO」。
一本に拘るか勝ちにこだわるか・・・最後に勝利を飾った石井選手の言うように、国際大会ではJUDOと柔道とは違う競技だという認識が必要なのかも知れない。
一方、ポイントで優勢であったにもかかわらず最後まで逃げずに戦った塚田選手の柔道精神にも敬意を表する。
選手の皆さん本当にお疲れ様でした。

成東・東金食虫植物群落からの最後の写真「コオニユリ」
食虫植物群落という見た目地味な湿原に、他の草花を圧倒する高さで一際鮮やかに咲くコオニユリの花々は印象的である。

Kooniyuri_7371.jpg

Kooniyuri_7376.jpg

Kooniyuri_7378.jpg

Kooniyuri_7381.jpg

Kooniyuri_7383.jpg


2008/08/16 | 07:53
コメント:2

成東・東金食虫植物群落-2

食虫植物群落の湿原に咲く食虫植物以外の花たち。

ギボウシ


イヌゴマ
Inugoma_7362.jpg

ヌマトラノオ
Numatoranoo_7351.jpg

オミナエシ
Ominaesi_7339.jpg

タカトウダイ
Takatoudai_7324.jpg

不明
DSC_7329.jpg




2008/08/15 | 07:05
コメント:2

成東・東金食虫植物群落-1

昨日は埼玉の実家まで墓参りに出かけた。
片道120kmだが、高速道路も予想したほど渋滞してなく快適なドライブになった。

11日の月曜日、雲も多く涼しくなりそうだったので夏の花が気に掛なっていた「成東・東金食虫植物群落」へ出かけた。
しかし、現地に着く頃にはすっかり晴れ上がった空から強烈な陽射しが容赦なく降り注ぐ。
肝心の花は木道から手を伸ばしてやっと撮れるほどの小さい花、湿原に入ることもできないのでアングルもままならず。
風の収まるのを根気よく待ってやっと何枚か撮ったものの、あまりの暑さに閉口し30分ももたずに退散した。


ナガバノイシモチソウ


NagabanoIsimotisou_7357.jpg


数ミリにも満たない小さな花の「ホザキノミミカキグサ」。
90ミリマクロでは届かないので、180ミリマクロに接写リングをつけてやっとこの大きさ。

HozakinoMimikakigusa_7357.jpg

他にもコモウセンゴケやミミカキグサなど咲いている筈であったが、木道からでは見つけることが出来なかった。


2008/08/14 | 10:19
コメント:2

レンゲショウマは咲いたけど

8日からお隣中国の北京で夏季オリンピックが始まった。
開会式を見ていて、中国の歴史と13憶人の勢いを感じさせられたが、4時間は少々長すぎ。
選手入場あたりでビデオ録画に切り替えてしまった。
翌日から競技も開始されたが、日本選手は中々期待通りの成績を残せないようだ。
とは言うものの、自己記録や日本記録を更新した選手もいるので、世界のレベルが予想以上に高くなっているのかも知れない。
暑さに負けず自分の力を出し切って頑張ってほしい。

雨の少ない猛暑の夏。
待望のレンゲショウマが咲きだしたけど、水不足のせいかどうも元気がない。
沢山ある蕾も開花しない内に枯れてしまいそうな状況だ。
全部枯れない内に一枚でも証拠写真を撮っておこう。




庭木の枝の高いところに白のクレマチスの花が咲いているのに気がついた。
いつの間にか明るいところを求めてそこまで蔓を伸ばしたようだ。



今年2月に頂いたゼラニウムが未だに花を咲かせているので、ここにそれを表彰して一枚。



猛暑にも負けず元気に咲くツルハナナス(流通名:ヤマホロシ)。
見習いたいものだ。



庭のモチノキの根周りは蝉の幼虫が這い出した穴が一面にあいている。
蝉も生まれたところに卵を産む習性があるのか、毎年それが繰り返されるので我が家ではその木を『蝉のなる木』と呼ぶようになった。
多い時にはたった1本の木に10匹以上のアブラゼミがとまってうるさいことうるさいこと。





2008/08/10 | 09:48
コメント:4

ハンターマウンテン・ゆりパーク

昨日、那須塩原にある「ハンターマウンテン・ゆりパーク」へ行ってきた。
往復とも事故渋滞に巻き込まれ、早朝6:30に出発し21:30に帰宅するまでの全15時間の内10時間は車の中、何か神様の機嫌を損ねることをしたんだろうか。

ゆりパークはスキー場のゲレンデに百合を植えた夏シーズン限定の観光施設である。
面積が広いため中々の花の手入れに手が回らないのか、遠目には綺麗だが近づいて個々の花を見ると傷みやシミの多い花が目につく。
それと華美な色彩の品種が多く接写では絵作りが難しいので、持参したマクロレンズも出番がなく、すべてズームレンズだけで済ませてしまった。



DSC_7251.jpg

DSC_7253.jpg

DSC_7265.jpg

DSC_7266.jpg

DSC_7285.jpg

DSC_7301.jpg


2008/08/08 | 15:03
コメント:6

泉自然公園・キツネノカミソリ他

丁度一年前の今日(8月6日)に千葉県立泉自然公園へキツネノカミソリを撮りに行った時は、すでに花の旬を過ぎていたので今年の開花状況が気になっていたが、昨年より1週間くらい開花が遅れているようだ。
どこを見ても蕾が目につく。
昨年沢山咲いていたヤマホトトギスも蕾ばかりで花はまだ咲いていない。
昨日雨が降ったせいか兎に角蒸し暑く、流れる汗が目に入って痛い。
来週にでも天候の都合を見て再度出直そう。

キツネノカミソリ


Kitunenokamisori_7186.jpg

Kitunenokamisori_7190.jpg

ミズヒキ
Mizuhiki_7157.jpg

シモツケ
Simotuke_7150.jpg

ヤブミョウガ
Yabumyouga_7178.jpg

ヤマハギ
Yamahagi_7164.jpg


2008/08/06 | 14:08
コメント:6

ホテイアオイ

市役所前広場の小さな池に咲くホテイアオイ。
花序全体が一日で開花し、夕方には茎の元から倒れて水中に沈むので、午前中には池全体を覆うように咲いていた花が夕方には跡形もなく消えてしまう不思議な植物である。



Hoteiaoi_7111.jpg

Hoteiaoi_7115.jpg

昨年ネットフレンドから頂いた南アフリカ原産のプレクトランサス(シソ科プレクトランサス属)が今年も元気に咲きだした。
ネットで調べると開花期は10月から11月となっていて、公園で見るのも10月なので我が家のプレクト君は少々気が早いようだ。
枝を摘まんで挿しておくと直ぐに根が出てくるので簡単に増やすことができる。

Plectranthus_7123.jpg

Plectranthus_7125.jpg



2008/08/01 | 16:37
コメント:6

Copyright © つれづれの記 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?