ワスレナグサ

花はキュウリグサに似ているが、こちらはヨーロッパ原産。
どちらもムラサキ科の植物ではあるが、キュウリグサがキュウリグサ属なのに対しワスレナグサはワスレナグサ属だから仲間と言うより遠い親戚と言った所か。
もともとは花壇に植えられていたが最近は野草化したものも各地で見受けられるらしい。
学名のMyosotis scorpioidesからは何やら怖い動物を連想するが、scorpioidをThe Concise Oxford Dictionaryで調べたら「 curled up at end like scorpion's tail & uncurling as flowers develop 」とある。
なるほど納得。
和名の由来は、中世ドイツの悲恋伝説からつけられたVergiss-mein-nichtを直訳した英名((Forget-me-not)から来ているそうだ。

我が家では、濃青,淡青、ピンクそれに白を加えた4色の花が花壇の周囲に彩りを添えている。
春先は首をすくめるように咲いていたがこのところの暖かさで急に草丈が伸びてきた。


wasurenagusa_4786.jpg

wasurenagusa_4953.jpg

wasurenagusa_4955.jpg

wasurenagusa_4954.jpg

wasurenagusa_4958.jpg

wasurenagusa_4963.jpg

wasurenagusa_4966.jpg


2008/04/26 | 10:11
植物コメント:2

Copyright © つれづれの記 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?